早歩き ウォーキング は画期的な運動療法

早歩き ウォーキング 健康法 その驚くべき効果

ウォーキングは画期的運動療法一定時間以上のウォーキングをおこなうとダイエットと同時に多くの機能改善効果が期待できます。
心肺機能が高まります
血管の柔軟性=急な血圧の上昇を緩和します
脂肪燃焼ダイエット効果血糖の減少が期待できます
腸腰筋(インナーマッスル)が鍛えられます

さらに、がん予防、メタボリック対策にもなることが研究により、わかってきています
ただし条件があります。
ウォーキングを画期的な運動療法にする条件

「初心者なら1分間に130歩、経験者なら150歩で大股で歩くというペースがよい。」と、信州大学と松本市が運営する熟年体育大学では奨励されています。

space1

ウォーキングを画期的な運動療法にする条件

MBS毎日放送5/1「健康カプセル!ゲンキの時間」より

中強度で歩くウォーキングは画期的な運動療法

ぶらぶら歩くのではなく、歩いている時のステップを踏む強さが大事なことが研究によりわかってきました。
強度が低い(低強度)ぶらぶら歩きでは心臓や血管の機能が高まりません。
強度が高すぎる(高強度)と酸化ストレスにより免疫機能が落ち、疲労がたまったり病気になりやすくなります。
中強度は、なんとか話ができるくらいの早歩きのこと。

8000歩のウォーキングで中強度(早歩き)状態で20分。これがさまざまな病気の予防と改善になることがわかってきています。
4000歩のウォーキングで中強度5分以上でうつ病
5000歩のウォーキングで中強度7分半で脳・心疾患・認知症
7000歩のウォーキングで中強度15分で動脈硬化・一部のがん・骨粗しょう症
8000歩のウォーキングで中強度20分で糖尿病・高血圧・脂質異常症
10000歩のウォーキングで中強度30分でメタボリックシンドローム

データを解説していた方は
東京都長寿医療センター研究所
老化制御研究チーム副部長
青柳幸利 医学博士
Roy J.Shephardさんほか数名とでJournal of the American Geriatrics Societyに寄稿されています。
Volume 61, Issue 11, pages 1887–1893, November 2013

ウォーキングシューズ

高いクッション性と安定性 スムーズな歩き心地
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


Amazon人気ウォーキングシューズ

整形外科で使用されるアーチサポートをシューズに入れると
新しいバランス感覚が生まれることから、”ニューバランス”という会社名に
人気ブランドNEW BALANCEニューバランスのスニーカー(楽天)

大きいサイズのスポーツシューズなら
靴のヒカリ 27.5〜32cmのメンズ靴

WORKOUT TIPS IN YOUR ROOM


【PR】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする