カラーコーディネート服の色の組み合わせ

カラー コーディネート 色彩構成に利用される『色環』
カラー コーディネート の参考に

みなさんそれぞれ好みの色がいくつかあると思いますが、クローゼットの中の洋服が好きな色ばかりになっていませんか?
着る服の色が限られているとコーディネートがワンパターンになったり。全体のメリハリもなくなりがち。

「好きな色」よりも色の「好きな組み合わせ」に着目するとカラーコーディネートが楽しくなってくるでしょう。

カラーコーディネートの手順

メインアイテム(インパクトや雰囲気のあるお気に入りのアイテム)を決めたら、そのアイテムの色を基準にして、コーディネートするほかのアイテムの色を決めていくという順序になるでしょう。
原色の洋服はあまりないので、黄色はベージュやクリーム、青色はネイビーやブルーグレー、というふうに色(カラー)の近いもので判断します。
黄色に白色を足していけばベージュになります。ブルーに白を足せばスカイブルー・・というふうに考えてください。
すべて白を足した淡色のアイテムなら3色、2色ともコントラストを活かしやすいでしょう。

色の対比(コントラスト)

色相(しきそう)のコントラスト(対比)でコーディネートを考える。
選んだ色の真向かいの色との組み合わせが最も強いコントラスト。
動的でメリハリの効いたイメージになります。
原色で考える必要はありません。類似する色を大きく捉えて判断します。

紺色 オレンジ色(茶系)
NAVY ORANGE
オリーブ(グリーン系) レッド
OLIVE RED
ベージュ(イエロー系) パープル
BEIGE PURPLE

単色でコーディネート

モノトーン=単色のコーディネートは個性的でまとまりあるコーディネート。
各アイテムの生地などの素材の質感などから偶然生まれる発色の濃淡で微妙なコントラストをなします。
○黒色コットンシャツ+レザージャケットの光沢
○藍色デニムパンツ+コットンシャツ
○白色Tシャツ+リネンジャケット

同系色の組み合わせ

隣接する色を組み合わせると自然で上品なイメージになります。
統一感がある安定したコーディネートになります。
また、鮮やかな色と暗く沈んだ色を同系色で組み合わせるのもまとまりのいいコ-ディネートです。
【例】
○茶色ジャケット+オレンジ柄シャツ
○黄土色ブルゾン+ベージュシャツ

3色の組み合わせ

色環上で並ぶ3色の組み合わせ

3色-1 3色-2 3色-3

統一感があり間違いがありません。ただしぼやけた印象になるのを避けるため、濃淡、明暗のコントラストが必要です。

色環上で二等辺三角形になる組み合わせ

二等辺三角形3色-1 二等辺三角形3色-2 二等辺三角形3色-3

コントラストにめりはりがある。
ネイビージャケット+ライラックシャツ+イエロータイ
赤紫パンツ+クリームイエローパーカー+ライムシャツ

隣接2色とひとつ(またはふたつ)飛ばした組み合わせ

飛ばした3色-1 飛ばした3色-2 飛ばした3色-3

雰囲気あるコントラストです。
マドラスチェックにも見られる組み合わせです。

サンプルはごく一部です。濃淡が加味されると組み合わせは無限にあります。組み合わせをいろいろ試していると、思いがけず「これいいね!」といいたくなる発見があります。組み合わせを少し時間をかけて工夫することが毎日の楽しみになっていくことでしょう。

自然界の色彩を参考にする

自然の色

また色彩コントラストを決める場合、自然界からヒントを得るのも一案です。
多くのデザイナーも世界を旅し、風景や植物などに触発されてデザインのアイディアを得るのですから。

  • 岸辺の砂と貝殻
  • 海水の色とサンゴや苔
  • 淡水魚や海水魚の鮮やかな色の組み合わせ
  • 蝶の羽の配色や蛾のモノトーンの配色
  • 小鳥の羽根の配色
  • 森の中の木の実や草花

というように、自然界はまさしく天然の色彩芸術に違いありません。

絵画の色彩に学ぶ

響きあう色の効果について最もよく理解しているのは画家でしょう。
肖像画であっても風景画であっても隣接する色彩のハーモニーや画面全体の構成の美しさに学ぶことはとても有益な楽しみになるでしょう。

古典絵画の色彩

古典画家の作品からは落ち着いた色彩のハーモニーを数多く学ぶことができます。
人物の衣服そのものを参考にするのもいいですし、画面の色彩構成の妙を取り入れるのも効果的です。
ルーベンス

フェルメール

カラヴァッジョ

ベラスケス

抽象絵画の色彩

抽象画の一部分にフォーカスし、その魅力的な色の調和を服で表現してみるのも楽しいものです。
Gerhard Richterゲルハルト・リヒター 1932年2月9日 生まれ ドイツの画家

Cy Twomblyサイ・トゥオンブリ1928年4月25日 – 2011年7 月5日アメリカ合衆国バージニア州出身の画家、彫刻家。

アンドレ・ドランやマチスなどの作品にみられるミスマッチや不思議な色彩構成もなかなか魅力的です。

ちょっとエキセントリックな派手さを求めるならポール・シニャック

相性がいい色の組み合わせパターン(メンズ&レディス共通)

グレーはどの色とも相性がいい

特によくあうのはオリーブグリーン、エメラルドグリーン、ピンクなど。
グレーのアウターとパンツやシャツの色と考えてみてください。

GRAY
OLIVE Viridian Golden
rod
PINK
DARK GRAY
MAROON SADLEBROWN DARKVIOLET OLIVE

グレーのウールパンツ

ブラックにはキャメル、ベージュ、赤茶

色環には黒がありません。グレーのようにどの色とも相性がいいとは言えません。イエロー系との組み合わせ、キャメル、ベージュがベストマッチ。そのはかなら淡色。ライトブルー、ライトプラムなどがきれいです。

BLACK
CAMEL BEIGE BROWN SAX ROSE

ホワイトまたはオフホワイト

白系とあう色はネイビー、ライム、パープル系、ピンク、ライトブルー、ブラウン系その他。
たとえば白パンツと合わせるのに好相性のシャツやジャケットの色と考えてみてください。

NAVY LIME PURPLE ROSE SAX CAMEL
WHITE

自分らしくないと思う色も取り入れる

ひとそれぞれ、自分に似あうと考える色があります。自分らしいなと思う色は身に着けていて落ち着くとか映えるとか理由があるわけですが、その色自体は合わせるものとのコントラストでいろんな表情に変わります。綺麗に響きあうのも没個性になってしまうのもコーディネート次第です。
これまで選んでこなかった色も取り入れてみること。単体ではいまいちと感じる色もコーディネート次第。ファッションの幅がグンと広がりますので、是非チャレンジしてみてください。

パーソナルカラーなんかで自分を限定しないことです。ダイナミックに楽しみましょう!

ビジネス(Vゾーン)のカラーコーディネート

ビジネスの場合、単純にジャケット、シャツ、ネクタイの3アイテムを3色として捉えるのには無理があります。
シャツはストライプの色など、ネクタイの柄に含まれる1色1色、そしてジャケットの色と考えるとちょっと複雑です。

パターンで考えるほうが簡単です。

  • グレースーツはどんな色ともすんなり馴染むのでVゾーンのコーディネートだけに集中して考えることができます
  • ネイビースーツにはライトブルー、ライトグレー、ピンクなどのシャツやネクタイが好相性
  • ブラックスーツにはやはりイエロー系のネクタイ
  • ブラウンスーツには紫・赤系のシャツやネクタイ

ネクタイ 合わせ方 選び方

サックスブルーシャツはすべてのビジネススーツのインナーとしておすすめのシャツ

イタリアシャツブランド

アイテムの素材・デザインの組み合わせ

アースカラーはほぼ万能

アースカラー(地球の色)は自然界にある色。空のライトブルー、雲のグレー、オフホワイト、砂のサンド、ベージュ、炭のチャコール、栗色などがアースカラーでほとんどの色との組み合わせで調和します。
パンツの色で迷った時は上記の色を選べばコーディネートしやすいので、失敗しないでしょう。

靴のカラーコーディネート

イタリア男性は茶色の靴が好みのようです。ダークブラウンの靴やブーツならどんな色のファッションにも合ってしまうので便利です。
足元はコーディネートの仕上げですので、全体のファッションに合ったデザイン・スタイルの靴を選びましょう。

ミリタリースタイルなのにドレッシーな靴では違和感が生まれます。
ジャケットなどのトップスのデザインや雰囲気に合わせれば間違いありません。

白やライトグレーのパンツにネイビーブルーやカーキ、グリーンなどカラフルな色の靴を合わせるのも面白いと思います。
靴とパンツを同系色にすると脚長効果があることは広く知られていますね。

スリップオンシューズはジーンズと好相性。カジュアルでドレッシーでもある黒のローファーは重宝します。
ブーツは常に足元をすっきりとまとめてくれます。パンツの丈や裾幅が満足できない場合でもまとまります。
コットンジャケット、ミリタリージャケットならコットンパンツ、カーゴパンツ、ジーンズが合わせやすい。
ウールパンツ以外だということ。

グレーのウールパンツ

レザージャケットにはジーンズ、コットンパンツも相性がいいですが、ウールパンツは特に落ちついた大人のイメージになるのでおすすめ。
ファッションスナップ写真などでテーラードジャケットにカーゴパンツ、デニム・ジーンズなどのくずした組み合わせもよく見られますが、注意したいのはダメージの強すぎるジーンズやだぶついたパンツを合わせているのではないという点。
やはり全体のイメージが調和していることが大切です。

ブランドパンツ(スラックス)メンズ定番シリーズ

白パンツ・ジーンズのコーディネート

大人のジーンズホワイト/ブラック/インディゴ

【参考資料】
ヨハネス・イッテン※バウハウスの講師で、画家・デザイナーでもあったヨハネス・イッテンの著書色彩論
色環などを参照
※バウハウスは1919年、建築家ワルター・グロピウスが新時代へ向けての工芸、デザイン、建築の刷新を図ろうとしてワイマールに設立した美術学校と工芸学校を合併した学校。 

漆原美代子 インテリアデザイン―造形の基礎 (1963年)
空間の立体的コーディネートとして参照

<編集後記>カラーサンプルを少し追加しましたが、ここでのカラーコーディネートに限定することなく、新しい組み合わせを発見するためには、「こんな組み合わせもいいんじゃないか?」という遊び心が大切です。
是非、いつもフレッシュな気持ちであなたらしいコーディネートを楽しんでください。

メンズファッション・スピリット【外国映画】オールド編
外国映画の中のメンズファッション。役柄のキャラクターを表現しながらその時代の着こなしを知ることができます。現代ファッションの元型となるものも数多く見出せる。時代のファッションを参考にしながら今のお洒落を考えるという温故知新。
【PR】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする