色 材質 コーディネート

● 色 材質 コーディネート 同系色・同じ質感であわせる (最も簡単な方法)
靴を含む洋服のトータルなコーディネートを考える場合、靴に近い色あい近い質感を洋服のアイテムに持ってくると、全体的にまとまりのあるコーディネートにすることができます。
靴の素材イメージ:革の光沢感 スエードのマット感 キャンパス地のドライ感
靴の色:メンズなら黒 茶のバリエーション カーキ(グリーン) ネイビー等
と同系のものがトップにもあれば全体がぐっと締まって見えます。

メンズもレディースも靴は重要度の高いファッションアイテムなので手早くコーディネートするならこの方法が便利です

色 材質 コーディネート

色彩コントラスト

● 鮮やかさのコントラスト
オレンジ・赤・紫・青など濃く鮮やかな色目の靴には同系色で、より淡い、明るい色のアウターやパンツをあわせてまとめます。
メンズの靴も鮮やかな色が好まれるようになってきているので試してみてください。

このように同じ色をもってくる以外に少し遊ぶのも面白い。
赤と青を混ぜれば紫色になる。オレンジと青を混ぜれば茶色になるというふうに色を考えます。
例えば茶色の靴に紺色のパンツ、オレンジ色のジャケット・・
これは印象派絵画の点描と同じで、二色が並んでいると、それらの混色と同じ効果があるということです。
ある程度制限はあるものの、組み合わせは無限です。

● ベーシックカラー
グレー ベージュ オフホワイト カーキなどは、ナチュラルカラーとして多くの色と相性がいい。
アウターやパンツのワードローブに揃えると便利です。
グレーがコーディネートしやすいのは、すべての色を混ぜ合わせればできる色でニュートラルなカラーだからです。
グレースーツがビジネススーツの定番なのも納得できます。
Vゾーンでワイシャツとネクタイの多くのバリエーションを楽しめます。

材質コーディネート

服の素材、ウール、コットン、レーヨン、シルク・・・それぞれの質感・視覚的な質感に着目してコーディネート。

●; 光沢がある素材
光沢(=ツヤ)ある皮・エナメル系の靴ならアウターやシャツには光沢のあるシルクや糸の細いコットン・麻の素材のものをあわせます。
なめらかな輝いている雰囲気です。

● ツヤのない乾いたイメージの素材
ヌバック(バックスキン)やキャンパス素材の靴ならアウターは荒いコットンやウール、毛羽立った材質を含んだもので統一します。
ナチュラルで素朴な雰囲気です。

● 異なる素材をあわせたいとき
材質を気にしたくない場合、クタッと感のある柔らかいアウター、たとえばコットンジャケットなどに芯の入った硬い直線的な襟のシャツをあわせると大きな違和感を生んでしまいます。
この場合は「やわらかさ」のイメージで揃えます。
このように「イメージ」をあわせる方法も簡単なのでおすすめです。

以上のようにまず最も眼に訴えるを、そしてできれば雰囲気(ムード)が伝わる材質もコーディネートの要素として考慮します。

デザインイメージ

● デザインイメージ
デザインのイメージも同じくらい重要です。
ひとつのブランドでトータルにコーディネートするなら、デザイナーがテーマを決めているので問題はないと思います。
多種のブランドを組み合わせるときにはデザインのイメージに注意を払うことが必要です。
デザインイメージの折衷を楽しむ場合もあると思いますが、意識しているのとそうでないのとでは全体の印象は当然違ってきます。
カチッとしたテーラードジャケットにダブついたカジュアルパンツはまったくアンバランスなのは一目瞭然でしょう。
クタッとした質感が味であるカジュアルシャツをテーラードジャケットのインアーにもってくるのも同じくアンバランスです。

【アイテムの素材・デザインの組み合わせ】
コットンジャケット、ミリタリージャケットならコットンパンツ、カーゴパンツ、ジーンズが合わせやすい。ウールパンツ以外だということ。

レザージャケットにはウールパンもジーンズ、コットンパンツも相性よし。

【携帯スマホPC対応通販SHOP】

モテコーデ2000以上MENZ-STYLE

キレイめモテファッション,SPUTNICKS スプートニクス

メンズファッション:JOKER/ジョーカー
(SOULEJAPANメンズナックルBITTER掲載お兄系)

DOWBL
(SOULEJAPANメンズナックル掲載お兄系)

【パンツ専門ブランド】スタイル、履き心地とも評価の高い老舗ブランド
INCOTEXインコテックス

|ラルフローレン
RALPH LAUREN (ラルフローレン)
|極上アイテム |輸入ブランドSALE
|アメカジ人気 |サイズ多いアメカジ

≪公式≫エディー・バウアー オンラインストア ランズエンド LANDS' END
【PR】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする