いい恋愛を始めるためにモテる男になる!

いい恋愛を始めるために – モテる男が身に着けていること

映画の中でのモテる男と言えば『007ジェームス・ボンド』
任務に就く先々で美女と出会い、いつもラストは必ず彼女たちと熱く抱擁するんですね。
お決まりのパターンが楽しめるアクションムービーのひとつです。

しかし現実はそうそう調子よくはいきません。
数少ないチャンスをものにすることがどれほど重要なことかは皆さん身にしみて感じていることでしょう。
このページではモテる男が自然に体得していたり、学習によって身に着けているであろうことを挙げてみました。気にしていなかったこと、改めて認識することで是非出会いのチャンスに活かしてほしいと思います。

心構え

恋愛に対する恐れを払拭すること。
このマインドセットが一番肝心なポイントかもしれません。
モテた経験がないなら関連するテーマの映画でも観て自分に言い聞かせることが大切。
「出来事は自分の内側の反映」(ジェームス・アレン「原因」と「結果」の法則

ここでも取り上げますが、イケメンだけがモテるわけではありません。
どんな美女であってもあなた以外の男性から見るとそうでもない場合が多いものです。美女だと感じたならそれは彼女があなたの理想のタイプだから。
ひるむことなく接触するべきです。
そのためにわきまえておきたいマナーについて考えてみます。せっかくの出会いを逃さないようにするための注意点です。

モテる男のマナー-いい恋愛を始めるために

モテる男が意識することなく気を付けているであろうマナーの数々を挙げてみました。

●下ネタは言わない
オヤジが口にしそうな下ネタはやめましょう。
この手の冗談にほとんどの女子は引いてしまうでしょう。
知り合って早々下ネタを口にするなんて言語道断!
洒落にならないことを肝に銘じてください。
冗談交じりに下ネタを連発する年長の知り合いがいますが、いろんな女性から嫌われています。

●容姿についての発言に注意
「背が高いね」「色が白いね」「グラマー(死後?)だね」などカラダの特徴について、ほとんどの女性はコンプレックスと感じている場合が多い。
セクハラにも取られかねない。
そんなコンプレックスに触れる発言からいいコミュニケーションにつながるはずがない。
注意してください。

●女性をジロジロ見ない
男はどんな時もクールを装うべき。
実際はドキドキしていても男子たる者、堂々としているべき。
魅力を感じた瞬間は相手にも伝わっています。
視線からは多くを察知できるものですから。
見るなら話している時の相手の目。
失礼な凝視は慎みましょう。

●微笑みはいつでも好感度をよくする
真顔は不機嫌に見えがちです。
緊張したりすると顔がこわばってその緊張が相手に伝わります。
穏やかな微笑みは相手に安心感を与えます。
Smile though your heart is aching..♪(フランクシナトラ)
自然な笑みに勝るものなしです。

気持ちを察知する

love
相手の気持ち(好意)を察知することは、一番大切な意識でしょう。
相手の性格もいろいろなので、難しい場合もありますが、鈍感であってはなりません。
気持ちを知ることでほかの人とは違う接し方ができますから。

●「誰々に似ている・・」という発言は興味のあらわれです
有名人との共通点を見出したということ。
それをわざわざあなたに伝えるということは親しみを感じている証拠。
仲良くなりたい意志の表れです。
即刻デートに誘いましょう。

●何気なくそばに寄ってくることは、とてもわかりやすい好意のあらわれです。
 (なんて素直な行動でしょう)

●対面しているとき、すれ違うとき、手で髪を整えるしぐさは、自分のいい状態(この場合髪型)を見てほしい・・という好意のあらわれ。

●「好きになりそう!」「惚れてしまいそう!」などという発言は直球過ぎるほどのアピールです。既に気持ちは固まっていると判断していい。

●「女ごころと秋の空」というくらい女性の心境は変わりやすいもの。
「あの時冷たい印象だったから」とか
「反論されたから」などの理由で好意的ではないという判断は禁物です。
バイオリズムに波があるように、女性の気分にも波があると心得ましょう。

●ただし勘違いには注意!
思い込みは迷惑になる場合があるので注意しましょう。
たとえばはっきりと断られたなら潔く引きさがりましょう。
しつこく付き纏うとストーカー扱いされますよ。

連絡先を交換する

気持ちが通じ合えば電話番号を尋ねましょう。contact
メモに書く人、その場でワンコールする人、いろいろなケースがあるでしょう。
自分のやり方を押し付けずに、相手に合わせて臨機応変にふるまいましょう。

電話番号で送ることができるメールが便利です。
相手の状態を気にすることなく、気づいた時に目を通してもらえばいいだけですから。

いい恋愛を始めるためのデート

●初デートはやはり映画
お決まりのパターンですが初デートの場所はやっぱり映画館がおすすめ。
恋愛ものだけではなく、コメディやシリアスな映画でも鑑賞後の会話で、お互いにいろいろな面を知ることができます。
映画鑑賞はとても有意義なのです。

●デートで食事もおすすめ
会話を楽しむために一緒に食事をすることほど人間らしいことはありません。
お洒落な店が喜ばれますが、くだけたところでも落ち着けるならいいと思います。
食事中の関心事はまず、おいしいかどうか。
尋ねてもいない見聞をひけらかすのは避けましょう。
話題は豊富なほうがいい。リラックスして会話が弾むテーマを探ろう!

●咀嚼は口を閉じて
食事中に口を開けてしまい、音を立てて噛むのはマナー違反。
これは育った家庭環境によるものだと思われる。
誰からも指摘されなければ自分で直すしかない。
ほとんどの女性はこれを嫌がる。
管理人は20代の頃、付き合って間もない女性に指摘されたことがあります。
直接言いにくかったのでしょう、友達を介して・・(笑)

●お酒を一緒に飲むwine
できるだけ同じお酒を一緒に味わおう。
同じタイミングで飲んだりしながら、ラポール(同調による親密度)を高められる。
健康にも良いのでワインがおすすめ。低価格でおいしいワイン(チリ産など)があります。
お酒があれば気持ちを和らげてくれるし、素直に会話できる。

●褒める
お洒落に気を使っている相手なら素直に褒めてあげましょう。
髪型や洋服、アクセサリーと女子はいろいろと情報収集し、活用しています。
男子より断然ハイレベル。
褒めることで相手の気分もよくなります。

体型管理

逞しいカラダはセックスアピールになりますし、健康的です。
もちろんポッチャリな男性が好きな女性もいますが、体調を崩さないためにも運動はおすすめ。
ジムに通うもよし、自宅で筋トレするもよし、運動する習慣をつけましょう。
参考のため、ダンベルと自重による筋トレメニューを紹介しましょう。
自宅筋トレメニュー30

ファッション

どんなファッションにするかは最も基本的な問題。
「自分に似あうファッションスタイルがわからない。」
という方もいるかもしれません。
普段着はさておき、デートの服装は自分に似あっていて、引き立つスタイルがいい。

●似あうスタイルを見つける方法
自分に似ている(男前系の)芸能人を思い浮かべてください。
タレントや歌手、俳優など有名人です。
ある程度体型も含めてください。

「自分でもまあ似ていると思うし、たまに人から言われるな・・」
という有名人がいれば、そのひとのファッションを真似するのです。
ちょっと冒険しないと無理な場合もあるかもしれませんが、できるだけ近づけてみてください。
反応が思っているよりよければその線で行きましょう!

自分を客観的に見ることができますし、似あうものを見つけるヒントにもなります。
自分なりにアレンジしていってもいいでしょう!
※客観的に見た自分とは、スナップ写真やビデオカメラに映った自分のことです。
鏡で見た自分とはちょっと違います。

ファッションにあまり興味がないなら、清潔感ある服装を心掛ければいいと思います。
「私が選んであげる!」なんていう展開も悪くないでしょう?

第一印象

【第一印象を構成する主な要素】
● 顔の表情
顔の造作のことではありません。
表情が一番大切です。
しらけた表情では印象が悪くなります。
自然な微笑みは誰にとっても感じのよいものです。
● 歯
意外と目立つのが歯。話している時など気になりやすい部分ですから清潔に保ちましょう。
歯が抜けているのを嫌う人は多いようです。可能な範囲で治療しましょう。
● 話す言葉のトーン
相手の言葉をよく聞き、穏やかなトーンではっきりと話しましょう。
● ファッション
スッキリしていて清潔感がある服装は感じのよいものです。
● 匂い・香り
かすかに香る程度のフレグランスならいいでしょう。
香りには好き嫌いがあります。
「あの匂いが駄目・・」などという理由で敬遠されたくはないでしょう。

イタリア男性の多くはフレグランスを利用しているようです。
お気に入りの香りで自分自身が、リラックスできるなら香水も悪くはありません。

男臭い匂いが嫌いではない人も結構いるのは事実です。
ま、本人が快適でなくなるようなら無理に香らせる必要もないと思います。

第一印象について考える時、先入観と偏見がどうしても邪魔をしてしまうようです。
容姿にこだわり過ぎるのはよくありません。
人は見た目の良さだけで相手を好きになるわけではありませんよ。

イケメンでなくてもモテる理由

薄毛対策にはチャップアップ

【お問い合わせ・ご要望受付】
takeshi-i@guarda5.com

【PR】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする