正しいメンズファッション・コーディネート

正しいメンズファッションコーディネート

着こなしはお勉強で上達します

着こなしやファッションセンスはお勉強で上達します。
着こなしのノウハウ本は数多く出版されているので興味を引くものからひも解いてみませんか?
列車の旅や長い通勤時間に読めばちょっとした息抜きになります。親から教わるということがあまり無い「洋服の着こなし」というものを知る有意義な時間になるはずです。

それぞれのアイテムの「着用するべき場所」「着用すべきではない場所」を知るだけでも恥ずかしい事態を避けることができるというものです。

落合正勝 1945-2006
イタリアのファッション批評が評価され「ベスト・ペン・プライズ」受賞。1998年、イタリアのクラシックファッション批評により、東洋人としては初めての「クラシコ・イタリア大賞」を受賞。

落合正勝氏の著書

印象を決めるのは色

カラー コーディネートインパクトを与えたり、イメージが決定されるのはシルエットではなく服の色と質感です。
効果的な組み合わせを知っていればいるほど、あなたへの評価は高まります。仕事でもプライベートでも。

カラーコーディネート服の色の組み合わせ

カラーコーディネートに関する著書

テレンス・コンラン卿の著書

お洒落は我慢か?

お洒落なところを見せるためにはやせ我慢も必要・・
まことしやかに語られているのをあなたはどう思いますか?
奇抜なファッション、アヴァンギャルド(前衛的)なファッションの中には着心地や身体の動きを無視したようなものが稀に見られます。(生肉のドレス!)
しかしそれは新規性を求め過ぎた誤謬でしかありません。着ていて不快な服、苦痛を伴うようなファッションは到底お洒落とは程遠いものでしょう。

あくまでも着ていて快適だと感じる衣服が最低限必要な要件です。そこを満たしたうえで、雰囲気を漂わせたり、インパクトを与えたりすることのできるファッションがお洒落なのだと言えます。

着心地がいい服を知る方法

では、どのようにすれば満足できる着心地の服を見つけることができるのか?
ハイブランドファッションなら間違いない。なんて言うつもりはありません。老舗メーカーブランドにも優秀でリーズナブルなプライスで服を提供しているところがあります。
国内、海外を問わず、淘汰され、洗練され尽した職人の手業(てわざ)は着心地の良さとは何かを教えてくれることでしょう。

いろんな素材、スタイルの服を試してみて自分にとって快適な服はどういったものかがわかってくるでしょう。
着心地の良さは経験を積むことによってわかってくるものです。

似合う?似合わない?という問題

特に派手な色、個性的なデザインのファッションは似あうかどうかが心配になります。
この判断も経験がものを言います。着てみなくても大体わかるようになるまでは失敗と成功を繰り返すしかありません。
チェックするための姿見は必須です。全身が映る大きいサイズの鏡の前で確認してみましょう。
全身を映してみれば、しっくりくるか違和感を感じるかは一瞬で判断できるでしょう。
顔立ちのニュアンス(雰囲気)とマッチしているかどうか。

顔の雰囲気と体格、洋服がもつシルエットとともに全体像がつくり出されます。
できれば靴までを鏡に映してみて、「しっくり来ているな」と感じるならそれは「似合う」ということなのです。

見る目がある、美意識に信頼がおける友人にアドバイスを求めるのも有効です。
あなたを客観的に見ていますからその判断は参考にするべきでしょう。

着こなしの心構え

ひとそれぞれ好みのスタイルがあります。
「自分のスタイル」というものはそんなコレクションの組み合わせからできるものです。

「遊び」で着てみる

いいデザインだと感じるなら、ブランドに拘らずにワードローブに加えるべきです。
体型にしっくりとくれば後は組合せ次第。「着てみる」という心構えでいるとファッションのバリエーションが格段に豊かになります。
まだ持っていない色やデザインスタイル。是非チャレンジしてみてください!

大人のデート服

20代メンズファッションコーディネート

HILTON(ヒルトン)通販サイトお手頃価格のオーダークオリティスーツ