揺れる相撲界

複数のテレビ報道番組を見ていると、評論家や元力士の言葉から相撲界の問題点が嫌でも明らかになってくる。
貴乃花親方を非難する年配の相撲評論家の言葉から、もし親方が貴ノ岩の受けた暴行を警察より先に理事会に報告していたとしたら、「もみ消そうとしていたかもしれないな・・」と思わせるものがある。
相撲の評判を貶める事件はこれ以上歓迎できないので、内々に収めようとすることは想像に難くない。

寡黙に過ぎる貴乃花親方を非難する材料は数多くある。これだけ話題に上ってしまったら寡黙でいることは不利だと思う。
「以心伝心」「阿吽の呼吸」に期待できたのは昔の話。いまは意見をつまびらかにしなければ理解は得られない。無口は損だ。ただ、意見を公表したところで多勢に無勢で勝ち目は薄いのかもしれない。

事件の全貌は暴行当日の経緯だけに留まるものではないだろう。いくつもの伏線があるはずだ。伝統ある国技の世界にはパワーハラスメントも当然のように受け継がれていて、海外出身力士も踏襲しているのだろう。

矛盾点が解明されるまで少し時間が必要だろう。春場所までに解決することはないと思う。問題の根深さは相当深いに違いない。

身体的暴力は加害者の未熟な人格の表れ。言葉の暴力は加害者の非力の表れ。

スポンサーリンク