中年シニア

年齢を重ねてこそできる着こなしがあります。

シャツ

通販で購入する服(サイズ・交換・返品)

ネット通販でメンズ服購入を決める時、自分のサイズについて確認しておきたいポイントを解説。居ながらにして膨大な数のブランド商品を比較購入できるのがネット通販のメリット。返品、交換という無駄な労力と時間を無くすためには服や靴のサイズを確認することが大切です。
コーディネート

中年・中高年メンズファッション・コーディネート

中年、シニア、中高年になれば着る服の幅が拡がります。若い頃は似合わなかったファッションもいまならふさわしく思えます。シワが刻まれた顔、白髪交じりの頭髪、枯れた雰囲気を備えた時こそ似合うファッションがあります。鮮やかな色や定番スタイルを楽しみましょう!
コーディネート

中年スーツに求められる条件

部下や後輩に見せる後ろ姿。また取引先や株主など関係者の視線が注がれる。中年スーツは見せる鎧です。中年スーツに求められる条件とは?●上質の生地の中年スーツ●端正なスタイル●ほどよくカラダにフィットさせる●シャツにもこだわる●ネクタイも重要●コーディネートの仕上げは革靴●中年のビジネスバッグ
パンツ

大人のジーンズ(デニム)は股上サイズとシルエットで選ぶ

ジーンズ(デニム)は股上サイズとシルエットで選ぶこと。前股上が浅めなジーンズは少々お腹が出ていても大丈夫。ストレート、スキニー、テーパードそれぞれに似合う体型と着こなし方を解説。「ジーンズ」「デニム」ふたつの呼称の由来についても掲載。
コーディネート

イタリア・スタイルのメンズファッション・コーディネート

ファッションムーヴメントを牽引する国イタリア・スタイルのコーディネート。イタリアには"Sartoria"(サルトリア)がオーダーによるジャケットやスーツを仕立てています。紳士たちのための装備を製作するテーラー、サルトリアは13世紀に発祥したと伝えられています。その頃から服職人が洒落者であるに違いない依頼者の注文による服作りをおこなっていました。 "Camiceria"(カミチェリア)と呼ばれるシャツ工房、パンツ専業のイタリアンブランドも有名。
コーディネート

メンズファッションの理想形はひとつのスタイルに集約される

服の好みは人それぞれ。好きな色も好みのスタイルもひとそれぞれ違うはず。しかし、人気インスタグラマーがアップする写真のスタイルは、どれもひとつのスタイルを追求しているように見える。ドレスアップした男の服装にはひとつの理想形があるようだ。それはジェントルマン・スタイル。
コーディネート

バラクータG9襟を立てて着るブルゾン

名作ジャケット バラクータ Baracuta G9 モデル。コンサバ・アウターとして根強い人気のブルゾンです。 G4はリブなし。G9はリブあり。襟を立てて着るブルゾンと言えば、ジェームス・ディーンが映画「理由なき反抗」で着ていたスイングトップ。マグレガーの定番ジャンパーでした。そしてスティーブ・マックイーンが出演映画のみならず、プライベートでも愛用していたのがこの バラクータ ブルゾン。世界で最も有名なブルゾンではないでしょうか。
中年シニア

中年シニアの着こなし(アスコットタイ スカーフ)

中年シニアの着こなし(アスコットタイ スカーフ) 中年、中高年、シニアの方におすすめしたい着こなしのひとつはスカーフの活用です。ジャケット着用でネクタイをしない場合のVゾーンに「う~ん なんか物足りないなぁ・・」とよく感じます。これは...
タイトルとURLをコピーしました