ジャケット一覧

いいジャケットは着る人の体型をきれいに見せてくれます。ドレスコードによって必要な場面もあるので、上質のジャケットを1着は持っておくべきです。

ジージャン(デニムジャケット)はアメカジに必須

デニムジャケット(通称ジージャン)はデニム地で仕立てられたジャケット。デニムは比較的厚手の生地なので、仕立てがまずいと着心地に大きく影響してしまいます。変に窮屈で動きずらかったり、着ているだけで肩が凝ったり・・やはりテーラリングの技術を持つ老舗ブランドのジージャンが安心。そしてストレッチ機能を備えたデニム地ならより着心地に満足感が得られるでしょう。

短すぎるジャケットの着丈

昔はジャケットの着丈に流行があるとは考えられなかった。バランスのよい着丈と言うものがコンセンサスとして共有されていたからです。たとえばスーツのジャケットをオーダーする時、採寸の時点で推奨されるジャケットの着丈というものがある。それはヒップがギリギリ隠れる長さ。これが短い着丈を指定する人が増えたのか、ショート丈のコートやニットジャケットと共に既製スーツのジャケットの着丈も極端に短くなってしまっています。

メンズジャケットの着こなしコーディネート

コーディネートの決め手となるジャケットのスタイルと品質に着目するとおすすめはやはり海外ブランドになってきます。国内老舗ブランドにもいいものはあります。中年メンズファッションの場合、流行を追うことはあまり考えられないでしょう。 <p>ある程度の年齢になると、定番アイテムに極上品でなくともそこそこのグレード感がほしいところです。

大人のメンズダウンジャケット

温かさの秘密ダウンとフェザーを解説。大人のメンズダウンジャケットは腰を覆うくらいの着丈長めが暖かくておすすめ。フィールドジャケットのようなスタイルでカッコいい。スーツで着用するならダウンコート。洗濯する方法も公開。

BaracutaバラクータG9ブルゾン着こなし

名作ジャケット バラクータBaracuta G9モデルはコンサバ・アウターとして根強い人気のスイングトップブルゾンです。G4はリブなし。G9はリブあり。張りとコシを備えた素材で洗練されたスタイルのスイングトップ・ブルゾンの着こなしコーディネート例。中高年にもおすすめのブルゾン。