ジーンズ

Gパン、デニム、ジーンズと呼称が統一されないパンツのいろいろ。大人のジーンズ選びの参考に。

スタイル(シルエット)デザインは多種多様なジーンズ。体型によって似合うスタイルは変わってきます。
大人にふさわしいジーンズとは何か。ワイルドスタイルにもドレシーなファッションにもコーディネートできるバラエティに富んだアイテムについて掘り下げていきます。

コーディネート

体型をカバーするジーンズ中年から60代70代シニアに似合う(おすすめリーバイス)

中年からシニア世代になるとカラダはどうしても衰えがち。特にヒップライン。シニアになると臀部の筋肉が落ちてきます。若いころのようなボリュームは見られなくなるこの部分をノンウォッシュの硬めのジーンズが体型をカバーしてくれます。おすすめはリーバイス511・501。
コーディネート

メンズ服のサイズについて

サイズからくるシルエットはコーディネートではかなり重要。トップスがビッグサイズならボトムは細身。逆にボトムが幅広いゆったりサイズならトップスはジャストサイズ。これで上下のバランスが取れます。ゆったりシルエットのパンツは膝下から広がるベルボトムともども一定の人気が見られる。ジャストサイズと言っても着ていて窮屈に感じるようでは困る。脱いだときにホッとするようではそのトップスは小さすぎる。
パンツ

大人のブランドジーンズ(中年)は股上サイズとシルエットで選ぶ!

中年のブランドジーンズ(デニム)は股上サイズとシルエットで選ぶこと。前股上が浅めなジーンズは少々お腹が出ていても大丈夫。中年からシニアまでストレート、スキニー、テーパードそれぞれのスタイルが似合う体型と着こなし方を解説。「ジーンズ」「デニム」ふたつの呼称の由来についても掲載。
ジーンズ

大人のジーンズ(Gパン)【2】グレー

グレーのトラウザーズがコーディネートしやすいのと同じでグレーのジーンズ(Gパン)もいろいろと合わせやすい便利なアイテムです。購入したジーンズはすぐに裾上げはしません。洗いをかけたウオッシュドジーンズは別として、一度の洗濯でかなり縮むので注意が必要です。裾は適当にロールアップして一日履いてみる。そして洗濯後に日干しして乾ききった状態ですそ位置を決めます。 <p>丈(レングス)も渡り幅もかなり縮んでいるのでロールアップしたまま履き続けるのもいい。
タイトルとURLをコピーしました