リバウンドしない方法=そもそも強制されるダイエットがダメなんじゃないの?

リバウンドしないダイエット

テレビで目にする機会が多い有名人は、ダイエットの成功もその後のリバウンドもすぐに知れ渡ってしまいますね。
某有名トレーニングプログラムでせっかくダイエットに成功したのに、みるみるうちにリバウンド。
なぜ人はリバウンドしてしまうのか?40年以上独自のトレーニングプログラムを続ける中年男が考えてみました。
これからトレーニングやダイエットに取り組もうと考えているなら、参考になるポイントだと思いますよ。

リバウンドしない方法 そもそも強制されるダイエットがダメ

人間の性質は2種類-習いたがりの人と自分で調べる人

物事に対する知識を得たいと思った時、その欲求を満たす方法は2種類にわかれると思います。なんでも人から習えばいいと考える人と知りたいことはなんでも自分で調べる人。
あなたはどちらですか?
どっちがいいのかということではありません。人から習ってよく理解できたならそれでいいんです。また、自分で調べて深く理解できたというならそれもいいんです。どちらも身についたということですから。

よくないのは理解せずに指導されるままでいることです。

強制されておこなうダイエット&トレーニング

ダイエットには運動と食事制限が不可欠という理念の元に厳しく指導するプログラムがあります。
短期間で成果をあげるため、一対一でおこなうので費用は安くありません。
食事内容を厳しく管理され、トレーニングもかなり追い込まれます。そこまでしないと結果が出ないからです。
ひたすら受け身のダイエット&トレーニングですね。

リバウンドする理由

指導が厳しければ厳しいほどプログラムが終了した後の解放感は大きいものでしょう。
もう誰にも管理されることはありません。苦しかった極端な糖質(炭水化物)制限は二度とおこなわないでしょう。我慢で溜まったストレスのはけ口はやはり食べる事で解消しますよね。お菓子やデザート、好物の食べ物を以前のペースではないかもしれませんが、食べて満足感を得るでしょう。

おそらく終了後も続けるよう勧められるトレーニングプログラムがあるはずですが、それもあくまでも本人任せなのでサボりがち。適当なものになってしまいます。

急激なダイエットはどうしても無理があります。
よく理解したうえで自主的におこなうダイエットとトレーニングを習慣にすることがリバウンドしないダイエット方法なのです。

自主的におこなうダイエット&トレーニング

ダイエットの指導を受けた人も、自分で調べた人もプログラムや食事習慣の意味を理解すればリバウンドしないダイエットで、体型をキープすると同時に健康寿命ものばすことが可能です。

トレーニングひとつひとつの方法と意味を理解しているので適当に済ますこともありません。
食事の仕方、摂取する栄養について理解があるので自然に習慣になっているでしょう。

悪い習慣からいい習慣に切り替えればOK

何も考えずに好きなものを食べたいだけ食べて、疲れるからカラダはできるだけ動かさない。そんな悪習慣から太ってしまったのなら解決方法は簡単。カラダのためにいい習慣に切り替えてあげるだけです。

習慣によって太ってしまったのですからダイエットとその後の体型維持も習慣によって実現できるのです。

カラダの機能、筋肉を鍛えることの意味と効果を理解していると自然と定期的にトレーニングしたくなります。
自分で週1回が効果的だなと思えばそのペースが続きますし、週2回がベストだなと感じればそのペースで続けたくなるでしょう。
それが習慣というものです。

トレーニングする快感ナチュラルハイ(?)
各パーツを鍛えたあとの筋肉の充実感
翌日や翌々日の筋肉痛の心地よさ
いろいろな感覚を得るでしょう。そんなことを感じながら続けていれば理想的なカタチに向かってカラダは確実に変化しているものですよ。


ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

筋トレ・メニュー(ダンベルと自重)自宅で簡単30分トレーニング

ヒップアップするには大殿筋とハムストリングスを鍛えろ!

筋トレと食事について

予防医学・免疫学としてのアンチエイジング