薄毛対策-育毛剤

薄毛対策

薄毛対策の方法

ホルモンバランスや遺伝、食生活習慣やシャンプーの種類など薄毛の原因は色々考えられます。

髭と髪の毛は相反関係にあるのか?

髭ヒゲは男性ホルモンの影響を受け、髪の毛は女性ホルモンの影響をうけていることがわかっています。
男女ともに体内に両方のホルモンが分泌されているのですが、そのバランスが一人ひとり違い、頭髪や髭の濃い・薄いにあらわれてきます。

一般的に「ヒゲが濃い人は禿げやすい」といわれます。まわりを見るとそうかもしれないなと納得するところですが、髭も髪も濃い人もいます。食生活を含めた習慣によるとも考えられます。

頭髪はストレスにも強く影響されます。円形脱毛症などは強いストレスによって発症します。
また遺伝による薄毛も多いでしょう。
管理人が薄毛になってきたとすれば迷わず坊主にしようと思います。B・ウィリスのようにスキンヘッドまではいかない坊主頭なら薄い部分と髪の毛がある部分の対比を気にしないで済みます。あのコントラストは結構目立ちますからね。

頭皮を清潔に保つことで抜け毛は防ぐことができる?

私は昔からある男性整髪料も薄毛のひとつの原因なんじゃないかと思っています。あくまでも個人の意見ですが、油性の整髪料が頭皮つまり毛根に付着することが頭皮の健康を阻害するんじゃないかと思います。

リーゼントやオールバックなどは整髪料で髪を固めないとできません。
整髪料できれいに固めたり、髪を撫でつけたりしていた人の多くが薄毛になっているんじゃないでしょうか。

頭皮を清潔に保つことで薄毛を防ぐことができるというところからスカルプシャンプーが開発されましたね。

スカルプシャンプーは頭皮をケアして抜け毛を防ぐものです。これに育毛成分を配合した製品も開発されています。

「ミノキシジル」や「M-034」超える新育毛成分『キャピキシル』を
贅沢にも5%以上配合した『THE SCALP 5.0C(ザ・スカルプ5.0C)』

薄毛を放置するのは危険

薄毛は気になった時に対処しないといけません。そのまま放置すると薄毛が進行するだけです。
抜け毛の原因を追究し、くい止めなければなりません。
そして育毛剤などによって補っていくという対処方法をとることが大切です。

最新の研究による育毛剤

現在さまざまな有効成分の研究が進められ、実証され始めています。
最新の科学的研究により、開発された育毛剤。

フィンジア FINJIAフィンジア
過剰な男性らしさに対抗するイソフラボンを豊富に含む「アカツメクサ」と、4つのアミノ酸で構成される「アセチルテトラペプチド-3」の合成成分であるキャピシル5%配合
ヘアケア業界で注目される新スカルプ成分ピディオキシジル2%配合
カプサイシン配合

定期お届けコース
9,980円(税込)送料無料

キャピキシル・ピディオキシジル配合の毛髪トニック【フィンジア】

最新AGA発毛治療

発毛実感率99.4%!薄毛の悩みには早めの治療が効果的

AGA発毛治療クリニック AGAスキンクリニック

ドクター本人が発毛効果を体験した発毛薬

AGAスキンクリニック統括診療部長
麻生 泰 (あそう とおる)
2013年7月「間違いだらけの薄毛対策(幻冬舎)」を出版
(Amazon新書・ヘアケア1位 丸善丸の内店週間ランキング1位)
2016年7月「薄毛治療の新常識(白誠書房)」を出版

全国51院の発毛専門クリニックで
月々3,400円(税抜き)から

あなたの薄毛は治療できる!
発毛治療の【AGAスキンクリニック】