着こなしに配慮する意味と効果

着こなし(身づくろい)に配慮する意味と効果

「他人が自分に対して抱く印象をどのように方向づけ、統制するか・・・」
『行為と演技―日常生活における自己呈示』 (ゴッフマンの社会学 1)
「・・・コミュニケーションには10の基本的なメッセージシステムが存在している。
・・その中で、話し言葉に関するものは1システムのごくわずかでしかない。他の9のシステムは非言語によるコミュニケーション形態に依存している。・」
エドワード・T・ホール『沈黙のことば』
ファッションは効果的なコミニュケーションツールです
もちろん外観がすべてだとは考えません。
しかし初対面の相手を理解しようとする場合のとっかかりは第一印象だということは疑いないところでしょう。
第一印象を構成する主な要素
● 顔の表情
● 歯
● 話す言葉のトーン
● ファッション
● 匂い・香り
ひとは対象者からイメージを受けるたびに、経験・見聞の記憶からさまざまな要素を再統合(イメージ的思考-イッテルソン)して、その受けたイメージを解釈します。
このイメージというものは非常にあいまい。
ひとに与えるイメージを変えることは実は案外簡単なのです。

まず背筋をピン!と伸ばして姿勢を正しましょう。
そして今までとは違ったコントラスト(対比)の強いコーディネートを試してみたり、逆に微妙なニュアンス違いを組み合わせてみたりといった方法で楽しんでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました