ハイゴージについて【ファッション(流行)は追いかけ過ぎないのが賢明】

流行は繰り返されると言われてきました。
レディースファッションではスカートの丈。長かったり短かったりという流行が繰り返された時代がありました。
メンズファッションではジャケットの着丈が取り上げられるでしょう。
丈の短いジャケットが少し前に流行りました。
そのさっぱりとしたルックスは軽快で若い世代から中高年まで広く受け入れられました。
そのスタイルhdあビジネススーツにまで及ぶ勢いで、流行に敏感な多くの男性が少し短すぎるジャケットにネクタイを締めて仕事をしていました。
ジャケットに合わせて短かい丈のタイトなパンツがコーディネートされ、お堅くない業界には受け入れられていたようです。
しかしこのスタイル、いま目にすると少々軽率に映ってしまいます。

極端は飽きる!中庸を良しとする

一時期広く受け入れられたファッションが一気にその熱が冷めて忌み嫌われてしまう。
その理由は何なのかを考えると、

「極端は飽きる」

というところではないでしょうか?
本来の美しい形があるのにわざわざ変化させてみせるのは悪いことではなさそうですが、ことメンズファッションの領域となるとどうでしょうか?
メンズファッションはレディースとは違い、よりベーシックであることに重点がおかれるものだと考えています。

「ハイゴージ」流行は追いかけすぎないのが賢明

最近の傾向ではジャケットの極端な「ハイゴージ」が挙げられます。
ゴージというのは上衿(カラー)と下衿(ラペル)の縫い目線「衿きざみ」のことです。

ジャケットのゴージ位置
モダンブルーより

昔アルマーニが極端に低いゴージのダブルジャケットで一世を風靡しました。
映画の衣装にも取り上げられて人気が爆発したんですね。
ルーズに見えるジャケット襟に合わせて、ビッグショルダーで身幅も広め。ゆったりとしたシルエットのパンツスタイルでした。

ハイゴージのルーツはトラッド。もともとトラッド系ファッションのジャケットはゴージ位置は高めです。
さて最近のイタリアブランドのジャケットは、

「ゴージが肩の上に乗っているのではないか?」

というほどに極端に高い位置にあるスタイルになっていますね。
目線が上がるので背を高く見せる効果がありますが・・

大御所の老舗ブランドもこのスタイルを打ち出しているので一時的なファッション(流行)に終わらないのかもしれませんが、

「カッコイイ」とは言えません。変です。

どちらかというとこんなスタイルは早めにほしいという想いです。
ゴージ位置は程よくやや高めが綺麗です。
極端でないほうが見ていて安心感があります。つまりノーマルといえるスタイルが長く着用するワードローブとしてもふさわしい。
ジャケットやコートなどの着回しの効くベーシックなアイテムは流行に左右されるべきではないと思います。
飽きては買いなおすという無駄な出費を避けるためにも、取捨選択する必要があります。

HILTON(ヒルトン)通販サイトお手頃価格のオーダークオリティスーツ

メンズコーディネート通販50代から(中年シニア)

正しいメンズファッション・コーディネート