駅のエスカレーター片側の列に並ぶ変な現象

時々地下鉄を利用しますが、いつも気になるのはエスカレーターで並ぶ人の列。
歩いて上がる人のために片側を空けようとするので、その順番待ちで列が発生します。
(西日本は左、東日本は右を空ける?)
まるで歩いて上がる人のために片側を空けておくのがマナーのように。
(一時期空けるようアナウンスでうながしていたようです。)
私は特別急いでいる時には階段を駆け上がったりしますが。
エスカレーターをのしのし歩いて上がる男女には「それどうなん」と突っ込みたくなります。
動いているエスカレーターを歩けば少し早く上がれるので効率がいいと考えている?
健康のために歩くことはいいことだと単に思っていだけ?

梅田の「ヨドバシカメラ」がオープンした当初、やはり館内のエレベーターも右側で立ち止まる人、左側を歩く人と分かれていました。
半端な動員数ではないためレーンが傷むのでしょう。修理のため頻繁にエスカレーターはストップしていました。
そして確か「エスカレーターを歩かないでください!」とアナウンスが流れ始めて、歩いて上がる人は減ってきたように思います。
(最近やっぱり左が空いている・・)

地下鉄と近鉄電車のある難波駅の長いエスカレーターで、観光のお年寄り数人が左側に乗ってしまい、後ろから登る人に追い立てられているのを目にしたことがあります。
ほんと酷い話です。

「エスカレーターの上を歩かないでください」という表示を見かけますが、効果なし。

右側のあまりに長い列を見かけることが時々あります。
バカバカしいとは思わないのでしょうか?
トラブルを避ける(?)ためにはこの現象を暗黙のルールとして捉えて従うのが無難だと考えているのでしょうか?
こんなのはマナーではない。(と思います)

歩いて上がったところで数秒しか違わない。(ま、深いところだと10秒以上か・・)
一番効率がよくて安全なのは無駄なスペースをつくらずにみんなが2列で止まって乗ることです。

誰もが迷いなく2列に静かに並んで乗っている。
そんな日が来るまで私はひとり左側に立ちます。
ラッシュアワーに電車を利用することはないので安心してください。

【追記】
エスカレーターを歩く危険な利用方法を改めてもらい、本来の「立ち止まって乗る」利用方法を広めようと、JR東京駅では、警備員が巡回したり掲示板で呼びかけたりする本格的な啓発活動が17日から始まりました。
(2018年12月17日NHK NEWS WEBより)

エスカレーター登りを習慣にしていた人がじっとしていられるようになるのかどうか。
階段を併設していない駅があるのも問題だとも思う。