中年シニア

メンズコーディネート

シニア60代70代の着こなしファッション(アスコットタイ スカーフ)

60代70代の男性諸氏におすすめしたい着こなしのひとつはスカーフの活用です。ジャケット着用でネクタイをしない場合のVゾーンに「う~ん なんか物足りないなぁ・・」とよく感じます。これは中に着たシャツの柄によるのかもしれません。濃い色合いのペイズリーやチェック柄のシャツの場合には感じない。プレーンなシャツをコーディネートする場合にちょうどいいアイテムがスカーフなんです。
メンズコーディネート

中年のスーツスタイル【コーディネート】

部下や後輩に見せる後ろ姿。また取引先や株主など関係者の視線が注がれる。60代70代男性のスーツは見せる鎧です。中年スーツに求められる条件とは?●上質の生地の中年スーツ●端正なスタイル●ほどよくカラダにフィットさせる●シャツにもこだわる●ネクタイも重要●コーディネートの仕上げは革靴●中年のビジネスバッグ
メンズコーディネート

コートコーディネート冬に見た目すっきりと

中年シニアに向けたメンズコートのコーディネート例。太めの方はボリュームを抑えたシルエットにできるコーデ。この冬暖かくてかつカッコよくダウンジャケット、コートで過ごすためのアイディア。
アウター

【バラクータG9】襟を立てて着るブルゾン

名作ジャケット バラクータ Baracuta G9 モデル。コンサバ・アウターとして根強い人気のブルゾンです。 G4はリブなし。G9はリブあり。襟を立てて着るブルゾンと言えば、ジェームス・ディーンが映画「理由なき反抗」で着ていたスイングトップ。マグレガーの定番ジャンパーでした。そしてスティーブ・マックイーンが出演映画のみならず、プライベートでも愛用していたのがこの バラクータ ブルゾン。世界で最も有名なブルゾンではないでしょうか。
メンズコーディネート

コーディネートメンズ・シニアファッション

中年、シニア、中高年になれば着る服の幅が拡がります。若い頃は似合わなかったファッションも。シワが刻まれた顔、白髪交じりの頭髪、枯れた雰囲気を備えた今こそ似合うファッションがあります。
メンズコーディネート

メンズ服イタリア・スタイル

ファッションを牽引する国イタリアのメンズ夏服コーディネート。イタリアには"Sartoria"(サルトリア)がオーダーによるジャケットやスーツを仕立てています。紳士たちのための装備を製作するテーラー、サルトリアは13世紀に発祥。 "Camiceria"(カミチェリア)と呼ばれるシャツ工房、パンツ専業のイタリアンブランドも有名。

大人のレザースニーカーは淡色

いろいろな種類のスニーカーを履いてきた大人が今選ぶスニーカーは淡色レザー。オフホワイト、グレー、ベージュなどアースカラーのホワイト系の色の特徴は合わせるアイテムの色を引き立てます。
タイトルとURLをコピーしました