自宅ホワイトニング比較-歯の黄ばみ原因はヤニとステイン

ホワイトニング

「清潔感ある白い歯でいたい。」という願いは誰しも持っていることでしょう。
会話中にも、笑った時にも、歯の色は意外と目立ちます。歯が白いと肌の色もきれいに映ります。

ホワイトニングは歯の表面に沈着した汚れや色素を取り除いて白さを取り戻し、その状態を持続することです。

ホワイトニングとは?

歯が黄ばむ原因

歯は本来わずかに黄ばんだ色をしています。赤ん坊の生えたての可愛い歯は「乳白色」ですが、年齢とともに歯の黄ばみは色濃くなってきます。ホワイトニングが必要なほど歯の色が黄ばんでしまう、その原因は口にするものにあります。

タバコの悪影響はヤニだけじゃない!

喫煙

喫煙の習慣によって歯は黄ばんできます。原因はタバコに含まれるタール。タバコの煙の中に含まれるタールが前歯を通して吸引されるので前歯が黄ばんでくるのは当然ですね。
タバコを吸う人の部屋の壁が黄ばんでいるのを見れば、その現象が歯でも起こっているのだとわかります。

歯の表面には、唾液によって歯を保護するタンパク質の層(ペリクル層)があってこれにタールが取り込まれてヤニとなります。タバコを吸ったあと、歯磨きすればこのヤニの付着は防げるということですが、半日から1日放置すると強く結びついてしまって落ちにくくなるんです。

またタバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。喫煙すると歯と歯茎、口腔内が煙の影響を受けます。ダイレクトにニコチンが歯茎に付着し、歯茎の血管が収縮します。血液の循環が悪くなり、歯茎に栄養が届きにくくなり、黒く変色していきます。
血液の循環が悪くなると免疫力も低下。口腔内は悪い細菌が繁殖しやすい環境になり、歯茎が炎症を起こしやすくなって、歯周病などのリスクが高まります。

ストレスを軽減してくれるという良い面もあるタバコですが、やはりその害は小さくはありません。

ヤニ取り歯磨きの研磨剤が歯の表面を傷つけて悪循環に

喫煙者向けのヤニ取り歯磨きの特徴は研磨剤が入っていること。こびりついてしまったヤニを落とすために研磨剤を利用していますが、それによって歯の表面が傷ついてしまい、知覚過敏を起こしてしまう場合があります。スクラブ洗顔剤が、頻繁に使用すると肌を傷つけてしまうのと同じです。
歯の表面が傷つくと歯の内部にタールが入り込んでしまいます、ヤニ取り歯磨きがかえってヤニの原因になってしまうんです。ヤニは基本的に水にすぐ溶けるので、喫煙の後まめに口を濯ぐ習慣があればある程度これを防ぐことができるそうです。

歯科医院でヤニを取り除く施術

歯科医院でヤニを取ってもらう方法。

【1】超音波の振動によって汚れを浮かせて落とす装置超音波スケーラーでクリーニングする方法。歯石を始め、強く張り付いたヤニや茶渋などを取り除くことができます。

【2】細かい塩成分のパウダーを強く噴射して、歯の表面の汚れを除去するジェットパウダー洗浄。この方法は歯の表面を傷つけてしまい、再びヤニが付着しやすくなってしまいます。

ワイン・コーヒー・紅茶・緑茶・食べ物の色素が歯に沈着してステインに

食事

色の濃い食品には色素が多く含まれています。
たとえばカラダにたいへん良い成分として知られるポリフェノール。抗酸化作用が高い栄養素ですが、赤ワインなどのポリフェノールを含む飲み物や食べ物は色素も強いので歯に沈着しやすく、ステインと呼ばれる汚れとなってしまいます。

【食品に含まれる色素成分】
ヘム色素、クロロフィル
ルテイン、クリプトキサンチン、カプサンチン、フコキサンチン、アスタキサンチン
α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテン、リコペン(リコピン)

聞いたことのある名称も多いでしょう。
これらの色素を含む食品はカラダにとって摂取するべき大切な栄養です。避けるわけにはいきません。

コーヒー、紅茶、緑茶の色素も歯の変色(ステイン)の原因になります。どれもカラダにいい飲み物だし、癒しにもなるものなのでやめるわけにはいきません。

歯医者でホワイトニングする

歯科医院の椅子

審美歯科治療の範疇に、矯正歯科、審美修復とともにホワイトニングがあります。
歯科医院でおこなわれるホワイトニングは、本来の歯以上の白さにするもので、どこまで白くするか色見本による白さのレベルを相談することができます。

ホワイトニングに使用される薬剤である過酸化水素は、オキシドールのように濃度が低ければ安全ですが、濃度が高いものは劇物指定されています。そのため医師の取り扱いの元でしか使用することができません。歯の状態によっては知覚過敏などの痛みを引き起こしやすいというデメリットがあります。

ホワイトニングにかかる費用-審美歯科治療

ホワイトニングは病気の治療目的ではなく審美目的であるため、健康保険は使えません。適用範囲外です。

歯科医院で行われるホワイトニングはオフィスホワイトニングと呼ばれ、施術費用は1回およそ1万5000円から5万円程度。施術後徐々に元の色に戻っていくことを防ぐため必要なふたつの処置。
【1】歯のクリーニング およそ5000円程度。
【2】歯のコーティング およそ5000円から1万円程度。

専用マウスピースを使って低濃度の過酸化水素系薬剤の塗布を自分で行うのがホームホワイトニングと言われる方法です。費用は1万5000円から3万円程度。追加で必要なのは使用するホワイトニング剤で、5000円程度(2週間分)です。

ふたつの方法を組み合わせたものがデュアルホワイトニングと呼ばれ、効果が高いと言われています。オフィスホワイトニングで歯の白さをある程度高めたうえで、ホームホワイトニングで処置を継続してもらうというものです。
費用はおよそ6万円から8万円程度です。

保険の効かない審美歯科治療ホワイトニングは一回で完結しない!

以上のオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングが一回で完結することはありません。
オフィスホワイトニングなら数回通う必要があり、数回をセットにした料金設定をしている歯科医院もあり、期間内に効果が表れないといった問題も発生していて、クーリングオフが適用されるようになりました。
ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングともに継続した自宅での処置は必須です。

自宅ホワイトニング比較

保険の効かない審美治療のホワイトニングも、自宅でホワイトニング効果を得る方法も。1回で完了するというものではありません。

どの方法もアフターケアが必要ですので、自分が楽に続けることができそうな方法を選択することがポイントになるでしょう。

ポリリン酸ホワイトニング

ポリリン酸ホームホワイトニング

薬用ポリリンジェルEX & デンタルリンス
歯の表面に付いたステイン、タバコのヤニを除去
分割ポリリン酸が汚れが剥がれた後の歯に結合
※歯と結合する力は汚れよりも強い
分割ポリリン酸が歯の表面をコーティング

パールクチュール

パールクチュール

ホワイトニング成分4種類
歯科医も注目する成分「コーラルアパタイト」が歯の黄ばみや汚れを吸着して落とす。
審美歯科で使用しているものよりさらにホワイトニング効果の高い「トリポリリン酸ナトリウム」がホワイトニングしながら歯の表面をコーティング。ステインや歯石が付くのを予防
機能性乳酸菌クリスタパス菌KT-11がより強く健康な歯茎に
虫歯予防の定番キシリトールが30~80%虫歯の発生を防ぐ

ホワイトニングLEDキット

ビースマイルLED

ホワイトニングキット
マウスピース/ホワイトニングLED/ホワイトニングジェル
歯磨きした後にマウスピースをセットしたホワイトニングLEDを10分タイマーで照射
酸化チタンが特定の光で活性酸素種を生成。その分解作用でステイン、ヤニなどを除去、コーティング。
メタリン酸ナトリウムが歯石、ステインを浮かして除去。
ハイドロキシアパタイトがステインを落とした歯の表面をコーティング

『自宅ホワイトニング比較-歯の黄ばみ原因はヤニとステイン』へのコメント

  1. […] ホワイトニング歯磨き粉自宅でできる楽々ホワイトニング […]