PR

イタリア旅行1

商品リンクおよびショップ店名リンクはすべて公式ページに遷移する広告となっています

シーザー像
シーザー像(Photo by Couleur)

イタリア旅行について書いた記事(懐かしすぎる!)をここに再掲載します。

当時は値段が安かったという理由で飛行機でスイスに行き、列車でイタリア入りした。

確か八時間の時差だったか、11月末、夜のローマに到着
中世の城跡のような庭園、いたるところに記念碑と彫像がみられる
もう随分前のイタリア旅行

トリトーネの噴水

分厚くはれた唇の、眉をしかめた怪魚が支える貝殻の上で、内股にしゃがみこんで水を吐き続ける男の人魚。

ボルゲーゼ公園

首は失ったが、明るくユーモアを忘れない白い小さな彫像たち

イタリアという国

この国の大気中には美の妖精が潜んでいて、人工の泉さえも時間を味方にし、たちまち苔むす見事な名所に仕上げてしまう。
そんな土地で暮らす人たちの美意識もおおかた想像がつく。
芸術に浸っていることが基本の生活なのだから。

騎馬像

すぐそばにある巨大な騎馬像

その脚の筋肉に触れたい!

目を離している隙に白馬は、空に向かわんばかりのその前脚を、

バランスをとったのか、確かに二三度宙に泳がせた!

  編集人
guarda5

1960年大阪生まれ 天秤座
服と健康にこだわり続けて50年、アンチエイジングな生活習慣を実践中。服好き中年男の視点で真剣にファッションコーディネートと健康について書いています。

guarda5をフォローしてみる
イタリア旅行
ちょっとした情報としてこのページをお友だちに知らせてみませんか?
guarda5をフォローしてみる

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました