メンズコーディネート

さまざまなスタイルのカジュアルと定番のビジネスファッションコーディネートを厳選した商品で提案していきます。
色、デザイン、シルエットをどう組み合わせるかはあなたのセンス次第です。

自称「ファッションの目利き」である管理人がピックアップしてコーディネートしたスタイルが気に入ってもらえれば管理人のお役目は果たせたということです。

ただ、膨大な数のインターネット通販商品からお気に入りを発見するのはひと苦労。わたしたちの多くが抱える悩みです。

メンズコーディネート

服の色組み合わせカラーコ-ディネートでイメージ戦略!

見た目の印象を決定するのは「服の色の組み合わせ」と「シルエット」です。コントラストによって見た目の雰囲気を変えるイメージ戦略!響きあうのも没個性もコーディネート次第です。
メンズコーディネート

大人のジーンズ【2】グレー

グレーのトラウザーズがコーディネートしやすいのと同じでグレーのジーンズ(Gパン)もいろいろと合わせやすい便利なアイテムです。購入したジーンズはすぐに裾上げはしません。洗いをかけたウオッシュドジーンズは別として、一度の洗濯でかなり縮むので注意が必要です。裾は適当にロールアップして一日履いてみる。そして洗濯後に日干しして乾ききった状態ですそ位置を決めます。 <p>丈(レングス)も渡り幅もかなり縮んでいるのでロールアップしたまま履き続けるのもいい。
メンズコーディネート

ポケットチーフとスーツ・ジャケットのコーデ

ポケットチーフ はスーツ、ジャケットの「差し色」?「重鎮」故・落合正勝氏の意見も鑑み、ポケットチーフを美しくコーディネートする方法を伝授。ビジネスとオフタイムの差し方の違いにも配慮。
メンズコーディネート

ネクタイのコーデ・選び方(レジメンタル・小紋柄・無地)

レジメンタルタイ、ニットタイ、無地、小紋柄等ネクタイ選びとコーデにおすすめ。ネクタイ(クラバッタcravattqa)の発祥はクロアチア。ネクタイの結び目(ノット)にできるくぼみは自然に任せる?
メンズコーディネート

靴下は履かない?履くならどんな?

靴下なしでスニーカー、革靴を素足で履くことが流行しています。テーパードパンツやスキニーのジーンズ、クロップド丈、ハーフパンツなどで、靴下を履かない足元は軽快なイメージがあります。湿度が高い日本ではノーソックスより浅履きフットカバー。ビジネス用靴下コーディネート4パターン。黒の薄手靴下/スーツやパンツにあわせた淡色/靴にあわせた淡色/肌色といった靴下コーディネートがきれいです。
メンズコーディネート

シニア60代70代の着こなしファッション(アスコットタイ スカーフ)

60代70代の男性諸氏におすすめしたい着こなしのひとつはスカーフの活用です。ジャケット着用でネクタイをしない場合のVゾーンに「う~ん なんか物足りないなぁ・・」とよく感じます。これは中に着たシャツの柄によるのかもしれません。濃い色合いのペイズリーやチェック柄のシャツの場合には感じない。プレーンなシャツをコーディネートする場合にちょうどいいアイテムがスカーフなんです。
メンズコーディネート

メンズ服のサイズについて

サイズからくるシルエットはコーディネートではかなり重要。トップスがビッグサイズならボトムは細身。逆にボトムが幅広いゆったりサイズならトップスはジャストサイズ。これで上下のバランスが取れます。ゆったりシルエットのパンツは膝下から広がるベルボトムともども一定の人気が見られる。ジャストサイズと言っても着ていて窮屈に感じるようでは困る。脱いだときにホッとするようではそのトップスは小さすぎる。
メンズコーディネート

メンズコートファッションコーディネート

季節の変わり目に適した薄手のライトなコートから防寒アウターとして手放せないウールやダウン素材のコート。 いつまでも愛用したい端正なスタイルのメンズコートをピックアップしてみました。ランズエンドはサイズが揃う通販ブランドです。
メンズコーディネート

気になるパンツ(スーツ)の丈・裾幅

とても気になる!スーツのスラックス、パンツの裾幅・股下の長さ。コーディネートの決め手となるのがボトムスのシルエット。裾幅は何センチ?丈はどのくらい?ワンクッションとノークッション・・
メンズコーディネート

中年のスーツスタイル【コーディネート】

部下や後輩に見せる後ろ姿。また取引先や株主など関係者の視線が注がれる。60代70代男性のスーツは見せる鎧です。中年スーツに求められる条件とは?●上質の生地の中年スーツ●端正なスタイル●ほどよくカラダにフィットさせる●シャツにもこだわる●ネクタイも重要●コーディネートの仕上げは革靴●中年のビジネスバッグ
タイトルとURLをコピーしました