コーディネート

さまざまなスタイルのカジュアルと定番のビジネスファッションコーディネートを厳選した商品で提案していきます。
色、デザイン、シルエットをどう組み合わせるかはあなたのセンス次第です。

自称「ファッションの目利き」である管理人がピックアップしてコーディネートしたスタイルが気に入ってもらえれば管理人のお役目は果たせたということです。

ただ、膨大な数のインターネット通販商品からお気に入りを発見するのはひと苦労。わたしたちの多くが抱える悩みです。

コーディネート

ネクタイの選び方とコーディネート

ネクタイ(クラバッタcravattqa)の由来。ネクタイの発祥はクロアチア。30年戦争に赴く恋人が無事戻ってこれるよう願いを込めて首に赤いスカーフを巻いたのでした。ネクタイの結び目(ノット)にできるくぼみをディンプルと言いますが、きちんと真ん中につくるべきか?自然に任せるか?そしてネクタイのコーディネートについて書いています。
60代70代中年シニア

60代70代スーツに求められる条件

部下や後輩に見せる後ろ姿。また取引先や株主など関係者の視線が注がれる。60代70代男性のスーツは見せる鎧です。中年スーツに求められる条件とは?●上質の生地の中年スーツ●端正なスタイル●ほどよくカラダにフィットさせる●シャツにもこだわる●ネクタイも重要●コーディネートの仕上げは革靴●中年のビジネスバッグ
コーディネート

服の色組み合わせカラーコ-ディネート

見た目の印象を決定するのは服の色の組み合わせとシルエットです。カラーコーディネートはイメージ戦略の最重要ファクターです。洋服の色の組み合わせによって外観の雰囲気は変化します。綺麗に響きあうのも没個性になってしまうのもコーディネート次第。これまで選んでこなかった色も取り入れてみるとファッションの幅がグンと広がりますよ。
コーディネート

ブーツおすすめ

メンズブーツおすすめ!パンツの裾の収まりが良い、ジーンズにもウールパンツにも好相性、クールな格好良さがある・・ブーツはコーディネートに便利な秋服のアイテム。
コーディネート

モノグラムのベルトはちょっと・・

ロゴやモノグラムがデザインされたアイテム。特にロゴが散りばめられたベルトにはどうしてもイラッとします。単なる図柄として見ることはできない。文字とはそういうもんです。コーディネートを乱す存在というと言い過ぎでしょうが・・
コーディネート

体型をカバーするジーンズ中年から60代70代シニアに似合う(おすすめリーバイス)

中年からシニア世代になるとカラダはどうしても衰えがち。特にヒップライン。シニアになると臀部の筋肉が落ちてきます。若いころのようなボリュームは見られなくなるこの部分をノンウォッシュの硬めのジーンズが体型をカバーしてくれます。おすすめはリーバイス511・501。
60代70代中年シニア

大人が選ぶスニーカーはホワイト系淡色レザー

いろいろな種類のスニーカーを履いてきたいま、大人が選ぶスニーカーは結局ホワイト系の淡色レザーにたどり着きます。オフホワイト、グレージュ、ベージュなどアースカラーのホワイト系の色の特徴は合わせるアイテムの色を引き立てるんです。大人のレザースニーカーおすすめをご紹介。
コーディネート

気になるパンツの丈・すそ幅

とても気になる!スラックス、パンツのすそ。足元のスタイルはコーディネートの決め手。パンツの裾幅は何センチ?丈は?せっかく買ったパンツ、裾上げで失敗したくない!ワンクッションかノークッションか?自分のスタイルの決め手となるポイントを解説。
コーディネート

メンズ服のサイズについて

サイズからくるシルエットはコーディネートではかなり重要。トップスがビッグサイズならボトムは細身。逆にボトムが幅広いゆったりサイズならトップスはジャストサイズ。これで上下のバランスが取れます。ゆったりシルエットのパンツは膝下から広がるベルボトムともども一定の人気が見られる。ジャストサイズと言っても着ていて窮屈に感じるようでは困る。脱いだときにホッとするようではそのトップスは小さすぎる。
ジャケット

スーツ・ジャケットの着丈が短いぞッ!

スーツ・ジャケットの着丈はヒップがぎりぎり隠れるLENGTHレングスが正しい。ところが、ニットジャケット人気にともなってスーツのジャケット着丈まで短く仕上げる傾向となった。若者のスーツが全般的にこの傾向だ。提供する販売店の責任か。中年、中高年までもがこのスタイルに甘んじている場合は自己責任だ。とても威厳ある仕事着とは見えない。
タイトルとURLをコピーしました