メンズコーディネート

さまざまなスタイルのカジュアルと定番のビジネスファッションコーディネートを厳選した商品で提案していきます。
色、デザイン、シルエットをどう組み合わせるかはあなたのセンス次第です。

自称「ファッションの目利き」である管理人がピックアップしてコーディネートしたスタイルが気に入ってもらえれば管理人のお役目は果たせたということです。

ただ、膨大な数のインターネット通販商品からお気に入りを発見するのはひと苦労。わたしたちの多くが抱える悩みです。

メンズコーディネート

大きいサイズ(太め)カジュアルコーディネート法則

太めの男性がモテる要因はその大きくてソフトなイメージからくる安心感。ぽっちゃり太め体型に合うお洒落。大きいサイズの服をカッコよくコーディネートしたい要望に応えるコーディネートの法則。大きいサイズで優秀なファッションをピックアップ!
メンズコーディネート

ポケットチーフ柄の選び方とコーディネート

ポケットチーフ はジャケットの胸ポケットにしのばせる「差し色」と言いたいところですが、ただアクセントになればいい、というものではありません。重鎮が述べた通り、ポケットチーフはおしゃれに美しくコーディネートしたい。やはり色柄の調和を考えた選び方が大切。ビジネスとオフタイムの差し方。
メンズコーディネート

おしゃれなネクタイの選び方

ネクタイ(クラバッタcravattqa)の由来。ネクタイの発祥はクロアチア。30年戦争に赴く恋人が無事戻ってこれるよう願いを込めて首に赤いスカーフを巻いたのでした。ネクタイの結び目(ノット)にできるくぼみをディンプルと言いますが、きちんと真ん中につくるべきか?自然に任せるか?そしてネクタイのコーディネートについて書いています。
メンズコーディネート

メンズ夏服(イタリア・スタイル)

ファッションを牽引する国イタリアのメンズ夏服コーディネート。イタリアには"Sartoria"(サルトリア)がオーダーによるジャケットやスーツを仕立てています。紳士たちのための装備を製作するテーラー、サルトリアは13世紀に発祥。 "Camiceria"(カミチェリア)と呼ばれるシャツ工房、パンツ専業のイタリアンブランドも有名。
メンズコーディネート

シニア60代70代の着こなしファッション(アスコットタイ スカーフ)

60代70代の男性諸氏におすすめしたい着こなしのひとつはスカーフの活用です。ジャケット着用でネクタイをしない場合のVゾーンに「う~ん なんか物足りないなぁ・・」とよく感じます。これは中に着たシャツの柄によるのかもしれません。濃い色合いのペイズリーやチェック柄のシャツの場合には感じない。プレーンなシャツをコーディネートする場合にちょうどいいアイテムがスカーフなんです。
メンズコーディネート

【バラクータG9】襟を立てて着るブルゾン

名作ジャケット バラクータ Baracuta G9 モデル。コンサバ・アウターとして根強い人気のブルゾンです。 G4はリブなし。G9はリブあり。襟を立てて着るブルゾンと言えば、ジェームス・ディーンが映画「理由なき反抗」で着ていたスイングトップ。マグレガーの定番ジャンパーでした。そしてスティーブ・マックイーンが出演映画のみならず、プライベートでも愛用していたのがこの バラクータ ブルゾン。世界で最も有名なブルゾンではないでしょうか。
ジャケット

ネイビージャケット(紺ブレ)ダブル・シングルのコーディネート

「紺ブレ」と呼ばれるトラディショナルファッション定番の濃紺ブレザーは、ネイビー(濃紺色)ジャケットのこと。誰もが似合う不思議なジャケットです。スポーツチームが公式の場で紺ブレザーを揃って着用するのもフォーマルなジャケットであるからです。ダブル、シングルともに凛々しく上品さも発信。
メンズコーディネート

気になるパンツの丈・すそ幅

とても気になる!スラックス、パンツのすそ。足元のスタイルはコーディネートの決め手。パンツの裾幅は何センチ?丈は?せっかく買ったパンツ、裾上げで失敗したくない!ワンクッションかノークッションか?自分のスタイルの決め手となるポイントを解説。
メンズコーディネート

通販購入する服のサイズ・交換・返品について

ネット通販でメンズ服購入を決める時、自分のサイズについて確認しておきたいポイントを解説。居ながらにして膨大な数のブランド商品を比較購入できるのがネット通販のメリット。返品、交換という無駄な労力と時間をなくすためにはお気に入りの服や靴のサイズを確認することが大切です。
メンズコーディネート

中年のスーツスタイル【コーディネート】

部下や後輩に見せる後ろ姿。また取引先や株主など関係者の視線が注がれる。60代70代男性のスーツは見せる鎧です。中年スーツに求められる条件とは?●上質の生地の中年スーツ●端正なスタイル●ほどよくカラダにフィットさせる●シャツにもこだわる●ネクタイも重要●コーディネートの仕上げは革靴●中年のビジネスバッグ
タイトルとURLをコピーしました