シャツ(ドレス・カジュアル)

男のシャツにはその人の感性が如実にあらわれます。襟のスタイル、フィット感あるシルエット、生地、デザインを老舗のシャツメーカーが競って優れた製品を提供しています。

ビジネスでのシャツの役割は特に重要です。襟のデザイン、生地の光沢、柄はネクタイに劣らず、着ている本人の感性を主張すると同時に仕事の雰囲気にさえ影響してビジネスパフォーマンスを左右することも決して大げさな表現ではないでしょう。

シャツに無頓着な男性は女性にもてることもなければ仕事もイマイチ。仕事もセンスです。
いいシャツを知り、着心地を確かめて感性を磨くことが大事。

洗練された男のシャツを作り続けるメーカーは限られた数しかありません。

シャツ

襟(えり)の質感 – 固い?柔らかい?

ジャケットやブルゾンの胸元、Vゾーンで目に付くのがシャツの襟(えり)。芯がある固い襟と柔らかい襟。ふたつのタイプのコーデ
シャツ

大人はポロシャツの襟が気になる

普通のポロシャツのあの襟がどうも気に入らない。大人のポロシャツは洗練された襟のデザインと品質で、ルックスをグレードアップさせてくれます。大人ブランドのポロシャツを厳選してご紹介。
シャツ

メンズ夏シャツコーデ-小柄ボタニカル

夏向きのメンズシャツを一枚選ぶとしたら・・猛暑の予感が充分に感じられるこの頃、カジュアルなスタイルのイタリア製シャツをおしゃれにコーディネート。小紋柄ボタニカルシャツ。
シャツ

サックスブルーSAXシャツビジネス

サックスブルー(SAX)は実はビジネス向けワイシャツの定番カラー。おすすめブランドはイタリアとイギリスのブランド。合せたいスーツ、ジャケットの色はグレー、ネイビー、ブラウンほか万能です。
シャツ

デニムシャツ・メンズブランド

独特のカジュアル感のデニムシャツ。おすすめメンズブランドをご紹介。ウェスタンシャツが原型で丈夫。ブルージーンズとワントーンでカウボーイスタイルも良し。スーツとならシャンブレーシャツ。
シャツ

メンズ夏シャツコーデ-クラシックな無地リネン

伝統の職人技が活かされたシャツブランドのシャツ。なかでも無地のシャツはスタイルが際立つ男のシャツとしておすすめ。着回しできて飽きがこないコーディネートのヘビーローテーションアイテム。
シャツ

鹿の子シャツおすすめ鍛えた体をセクシーに包む

鹿の子織りと言えばポロシャツが代表的なアイテムです。少し粗い織り目が柔らかで、リラックスした気分だしカラダにフィットするインナー。鍛えた上半身の押し出しを見事に反映するセクシーなメンズシャツ。
シャツ

お気に入りのシャツを長持ちさせる洗い方

お気に入りのシャツはできるだけいい状態で長持ちさせたい。袖、襟などのシミや汚れには特に気を付けたいもの。長持ちさせるために大切なのが洗い方。正しく洗えばシャツの寿命を延ばすことができます。
シャツ

白ワイシャツは襟のスタイルが命!ワイド・セミワイドカラー

ビジネス向け白ワイシャツはまず襟のデザイン。そして生地の質、スタイルが大切。優秀な仕立ての良いイタリア製、イギリス製、アメリカ製、日本製の白ドレスシャツをご紹介。クラシックがおすすめ。
シャツ

チェックシャツ・赤黒青緑黄

チェック柄のシャツ種類 チェック柄シャツの代表格ギンガムチェック チェックシャツといえばまずギンガムチェックが日本で最も
シャツ

透けない白ワイシャツ素材はオックスフォード

オックスフォードシャツは透けない。白いワイシャツを素肌に着る場合、素材によって透ける場合があります。回避する方法は二つ。淡い色のアンダーシャツを着る。オックスフォード地のワイシャツ。
シャツ

クリーニング代0円!ワイシャツのアイロンかけ方

洗濯したワイシャツのアイロンがけに必要なものはアイロン 温度調整あればなお良し、霧吹き、 アイロンマット。そしてアイロンのかけ方。順序と注意するポイント。クリーニング代はかかりません。