PR

帽子(キャップ)のコミュニケーション効果

帽子(キャップ)をかぶっているとコミュニケーションで思わぬ効果をもたらすことに驚くこともしばしば。不利なものと有利なものがあります。ちょっと意識していればコミュニケーションに効果的に活かすこともできます。

コミュニケーションを拒否してしまうケース

帽子(キャップ)を目深にかぶれば眼が隠れ、表情を確認することができません。
一見すると話しかけてほしくない。「ほっといてくれ」と言わんばかりの雰囲気を発信しているようにも見えます。

キャップがコミュニケーションを助ける

視線の方向をアピールする

キャップの場合、帽子のツバは顔の向きと同じです。帽子をまっすぐにかぶればツバは顔の向きと同じ方法を向きます。すなわち視線の方向を帽子のツバがアピールしていることになります。
遠くからでも視線が向いている方向を推測することができます。

会釈を増幅する

頭部のちょっとした動きをキャップのツバが増幅するはたらきがあります。
挨拶のひとつとして日常交わされる会釈。キャップをかぶっているとこれをハッキリとアピールしてくれ、挨拶を見逃されるということはありません。キャップのツバが上下のふり幅を増幅してくれるからこその効果ですね。




タイトルとURLをコピーしました