自分のあり方

メンズ・ブレスレット
参考資料:勝ち組になるためのセルフ・コーチング入門

常に相手の自尊心を尊重する

周囲のひとびとの自尊心を尊重する。

まわりのすべての人に対して、その自尊心を尊重しながらコミュニケーションをとることで物事がスムーズに進みます。
相手の自尊心を尊重しない態度でいるとそのメッセージは以心伝心、瞬間に伝わってしまい、反感や怨み、憎しみを生みます。

相手の自尊心を尊重した言動、態度で接すれば、笑顔や会話(言葉使い)になって相手に伝わります。お互い認め合うのでわだかまりなく、コミュニケーションすることができます。

積極性

コミュニケーション力とリーダーシップを持ちたいと考えるなら自分から会話の口火を切る積極性は不可欠のものです。勝ち組になるためのセルフ・コーチング入門

中村天風の教え

中村天風も『心に成功の炎を』積極の編 第一章 「生きる心構え」の中で、
「・・一生は断然一生で、二生がないんであります。いっぺん死んじまえば、二度味わえはしないこの人生、こりゃあ尊いものです。」
「・・その肉体生きていけるのは、生命を生かすエネルギーがあって、それを心が受けとって、生命活動という現象があるんです。あくまでも心と肉体がピタッと一緒にならなきゃいけない。それはちょうど夫婦があくまでもピタッと一つの心じゃなきゃ、その家族が繁盛しないのと同じなんです。
 そこで、ピタッと合わせるのに必要な方法を私がお教えしてるわけです。
 それは、何をおいても、まず第一番に必要なのは、人生に生きる刹那、刹那に、体よりも心というものを大事に考えて積極的に生かさなきゃいけないということであります。
 人間としてこの世に生まれた以上は、どんな場合であっても、心の態度を積極的にして生きる。人生の一切合財を四十プラスの状態にあらしめる。
 これが、理想的な人生を貫くためのいちばん必要なことなんです。ちょうど家を建てるときの土台と同じようなものなんであります。」

「それでないと、ただいきていられるから生きてるという、漫然たる生きがいのない人生だけが残ってしまう。・・」
「・・理想的な人生を生きるうえで注意のうえに注意をしなきゃならないことは、
『怒ってはいけないこと』と、
『悲しんではいけないこと』と、
『恐れてはいけないこと』なんです。」(このあと彼の医師としての避けなければならないこれらの感情にともなう健康被害の警告が続きます。
心に成功の炎を 天風シリーズ第3弾

同じく中村天風いわく、「・・心の態度を終始一貫いかなる場合があろうとも、積極的であらしめることです。積極的であらしめるということは、尊く、強く、正しく、清く生きることなんであります。およそこのことぐらい人生および生命に対して大事なことはないのであります。
 それから体のほうは、つねに訓練的に積極化するといいうことを心掛けなければいけません。つまり、秩序を追ってだんだん慣れさせる。・・」
成功の実現

セルフトークで信念を書き換える

ベンジャミン・カーソン医師「人間には希望が必要です。心が肉体に及ぼす影響力は計り知れません。我々は単に血と肉から成るのではなく、非常に深遠で複雑な生物です。回復するという信念を持った患者ほど助かります。」

否定的な考えを排除するはたらきをするのがセルフトークですが、逆のはたらきをする場合もあるので注意が必要です。
催眠療法士であるミルトン・エリクソンはネイティブインディアンが病床にある時に自分の死期を予言し、その通りに逝く例を何度も見たということです。これも信念のなせる業なのかもしれません。

一日に100回つぶやくセルフトークが信念に影響を与えないはずがありません。言葉に出さずとも人は頭の中で繰り返し確認していることが信念になっているのです。

周囲からどのように見られたいか

常に平常心を維持することは困難なことですが、揺れ動く心が表情に出ないようにすることはできます。しかし、肉体が醸し出す態度は簡単には隠せません。人間の第一印象はわずか8秒で決まり、その第一印象をベースに人々は相手を評価するといわれています。

今日のイメージ最優先のビジネス社会では、周囲からの評価を的確に認知管理する能力が問われるのです。

・・演技をしていても誠実さを失うことはありません。周囲から好感を持たれるような態度を演じましょう。それが相手への第一印象となるからです。あなたの態度は常に前向きで、生産的かつ建設的でなければなりません。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました