ジーンズ

パンツ

シニア(中年)ジーンズは股上サイズとシルエットで選ぶ!

中年のブランドジーンズ(デニム)は股上サイズとシルエットで選ぶこと。前股上が浅めなジーンズは少々お腹が出ていても大丈夫。中年からシニアまでストレート、スキニー、テーパードそれぞれのスタイルが似合う体型と着こなし方を解説。「ジーンズ」「デニム」ふたつの呼称の由来についても掲載。
メンズコーディネート

大人のジーンズ(Gパン)【2】グレー

グレーのトラウザーズがコーディネートしやすいのと同じでグレーのジーンズ(Gパン)もいろいろと合わせやすい便利なアイテムです。購入したジーンズはすぐに裾上げはしません。洗いをかけたウオッシュドジーンズは別として、一度の洗濯でかなり縮むので注意が必要です。裾は適当にロールアップして一日履いてみる。そして洗濯後に日干しして乾ききった状態ですそ位置を決めます。 <p>丈(レングス)も渡り幅もかなり縮んでいるのでロールアップしたまま履き続けるのもいい。
メンズコーディネート

体型をカバーするジーンズ50代60代70代シニアに似合う(おすすめリーバイス)

中年からシニア世代になるとカラダはどうしても衰えがち。特にヒップライン。シニアになると臀部の筋肉が落ちてきます。若いころのようなボリュームは見られなくなるこの部分をノンウォッシュの硬めのジーンズが50代60代70代の男性の体型をカバーしてくれます。おすすめはリーバイス511・501。
タイトルとURLをコピーしました