PR

オードリーヘップバーンの「シャレード」

(2005年9月11日に公開した記事です)


オープニング、渦巻きのグラフィックはヒッチコックの”北北西に進路を取れ”(1959)に目配せするよな遊び心。

この作品が、オードリー・ヘップバーンの出演作のベストであるとここに宣言します。

愛を求める大人の女性。旅先の出会いで、あっさり退散しようとするケーリー・グラントに堂々とくいさがる女。スパイだった亡夫の過去に巻き込まれるも、次の連れ合いはもう決めているかのような未亡人レジー(オードリー・ヘップバーン)。

クルージングディナーで気持ちを告げられ、(とうとう言ってくれたのね!)と食事も投げ出す恋心。女性から求めるキスシーンも、彼女ならとても好ましい。独特の甘い声で聞こえてくるセリフのすべてが心地よい。

華奢な彼女が装うコスチュームは、すべてジバンシーで、Aラインのエレガンスのお手本のよう。困った顔さえ美しい。可愛らしい女性というのはこんな人を言うんじゃないでしょうか。

グレイスーツとホワイトシャツのケーリー・グラントのダンディも脇に退く。

そして納得のハッピーエンディング。ラヴリィ・・ラヴリィ・・

よって本作品を、ヘップバーンのベストとさせていただきます。よろしいでしょうか? 

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました