PIERRE KUNZ時計師ピエール クンツ

時計師 ピエール・クンツ(1959年スイス ベルン生まれ)
フランク・ミュラー社の専属技術者を経て、同社の強い勧めで“PIERRE KUNZ GENEVE”ピエール・クンツ・ジュネーヴが誕生。

そのすべての製品(彼の場合作品と呼ぶにふさわしい)には”レトログラード”(独自の秒針)が採用されている

「レトログラード」とはフランスの天文学用語で惑星の逆行などに例えられる複雑時計の機構です。常に後戻りすることのない時の流れに対し時計の針を瞬時に逆戻り(フライバック)させることの技術表現は、古くからスイスの時計師の中でもより高度な技術を持つ限られたマイスターだけが取り組むことができる機構でした。帰らざる“時の尊さ”を表現し、時間の概念に哲学的な意味合いを持たせる事で、より工芸品としての価値を高めていました。ピエール クンツは複雑で高度な技術を要するこの「レトログラード」にこだわり続け、独自の解釈によって21世紀を迎えた現在の“時の表現”として、そのすべての作品にこの機構を採り入れています。
また、彼の作品は、そのデザインにおいても異彩を放っています。その技術力の高さは機械内部の設計に制約されずにデザインを先に起こすことができるため、ダイナミックで独特な発想と絶妙なバランスの作品が生まれるのです。(公式サイトより)

製作は まずデザインを起こしてから 機械内部(モジュール)を一から設計して行くという手法。
仕上がった作品のフォルムが、見る者にとってどこか歪(いびつ)な新鮮さを感じるのはこのためだろう。
数あるハイクラスウォッチと並んでも堂々とその姿を誇示しているこのニューブランドの”顔たち”は、時計のダンディと呼ぶにふさわしい。

PIERRE KUNZ ピエール・クンツ腕時計【Amazon】

PIERRE KUNZ ピエール・クンツ腕時計【楽天市場】

ジャックロード 【腕時計専門店】

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました