石川武志一覧

メンズジャケットの着こなしコーディネート

コーディネートの決め手となるジャケットのスタイルと品質に着目するとおすすめはやはり海外ブランドになってきます。国内老舗ブランドにもいいものはあります。中年メンズファッションの場合、流行を追うことはあまり考えられないでしょう。 <p>ある程度の年齢になると、定番アイテムに極上品でなくともそこそこのグレード感がほしいところです。

モテる男の条件9か条

モテる男が自然に体得していたり、学習によって身に着けているであろうことを挙げてみました。気にしていなかったこと、改めて認識することで是非出会いのチャンスに活かしてほしいと思います。緊張の無い自然な流れで恋愛に進展することが理想です。どんな美女に対してもひるまない心構えが大切。その秘訣は・・

ネイビースーツの着こなしコーディネート

ネイビー(濃紺)スーツは公的な場にもふさわしいフォーマルなスーツでもあります。このネイビーという色は不思議な色で、似合わない人はまずいません。男らしさと凛々しさをあわせもつ色は、サッカーなどのスポーツチームのオフィシャルスーツにも採用されています。シャツ、ネクタイのベストなコーディネートパターンをご紹介。

筋トレメニュー30分(ダンベルと自重)でスーツの似合う体型とあきれるほどの健康を手に入れる!

この筋トレメニューはダンベルと自重2種類の負荷を利用し、室内で簡単におこなえるよう構成しました。筋肉の維持なら「週に1回」。筋肉増大を目指すなら「週2回」というペースがおすすめです。所要時間30分!効率的に肉体改造させます。筋トレメニューを習慣にして頑丈な肉体と健康を獲得しましょう!

ダンベル通販・筋トレ効果を得るには重さが重要!

多くの筋トレ器具が紹介されていますが、手軽さと効果の高さでダンベルに勝るものはありません。ダンベルは自宅でひとりトレーニングするのに最適な器具です。重いので購入は通販が便利ですね。そこで注意!軽すぎるダンベルでは"筋肉増強"は期待できません!適切な重さ(=負荷)のダンベルで筋トレすることが最重要ポイントです。これから筋トレを始めるという方のためのダンベルの重さの目安。例えば、上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えるアームカールを10回おこなうのが限界=10RM (repetition maximum)だという重さが適しているとされています。成人男性なら、ひとつ10キロ以上は必要でしょう。始めはプレートを減らして10KG前後から始めてください。

ヒップアップ筋トレは大殿筋とハムストリングスを鍛えろ!

ヒップのかたちは大殿筋の状態、つまり発達しているかどうかによって決まります。これは男性も女性も同じです。スピードスケート選手の鍛え抜かれた下半身を見ればよくわかるでしょう。彼らの場合、ヒップアップした下半身は男女の区別ができないくらいきれいなものですね。

アンチエイジングな健康管理(予防医学・免疫学としての)

アンチエイジングとは、カラダの老化を食い止めること。ちょっとした注意で衰えを防ぐことができるとしたらどうですか?食事や運動などで生活習慣を改善しましょう。体調を気にかけることは長生きの秘訣でもあります。予防医学・免疫学としてのアンチエイジングを提唱。

メンズシャツ・ビジネス向けイタリアブランド通販

ファッションの老舗メーカーブランドが数多く存在するイタリア。洒落者が愛用するのがイタリアブランド(ビジネス)シャツ。長年、専業で技術を培ってきた熟練の職人たちが仕立てるシャツを着ることは日々の楽しみに違いない。気分よく仕事できて、ルックスも決まる。当然仕事の成果も上がるので、一石三鳥!

サックスブルーシャツはビジネス定番

サックスブルー(ライトブルー)のワイシャツはビジネススーツでは白ワイシャツと共に着用したい定番シャツです。グレースーツはもちろん、ネイビー、ブラウンのスーツやジャケットとも相性が良いのです。ビジネスマンやニュースキャスターのファッションにもよく見られますね。サックスブルーとは正確にはインディゴ(藍色)を薄く溶いた水色のこと。

白シャツメンズ・ビジネス向けブランド通販

ビジネスで最も着る機会が多い白シャツ。真っ白なワイシャツに袖を通せば気分一新、仕事に取り組むことができそうです。フォーマルウエアに白シャツは不可欠。端正なブランドデザインの白シャツで第一印象アップしましょう!大切なシーン、ここぞという場面では是非、老舗ブランドの白シャツを着てほしいと思います。

フィナモレFinamoreシャツ

フィナモレは1925年ナポリの熟練したカミチェリアのクラフツマンシップを今に伝えるシャツのメーカーブランド。祖母のカロリーナが、数人のお針子たちとともにナポリ中心部に小さなアトリエを開き、厳選された顧客のために100%ハンドメイドのシャツを作り始めた。

スタンド(バンド)カラーシャツおすすめ

スタンドカラーシャツ (バンドカラーとも言う)は中年からシニア世代に最も似合うスタイル。 すっきりとした、仕事着のようなイメージですが、1920年代には男性は取り外しできる襟を装着していて、このスタンドカラーシャツはベースとも言えるアイテム。カントリースタイルの象徴的なシャツスタイルがジレ(ベスト)とスタンドカラーシャツ、ウールパンツ、ワークブーツというコーディネート。