「 石川武志 」一覧

メンズファッションの着こなしについて

メンズファッションの着こなしについて

メンズファッションの『着こなし』とは一体なんでしょう?「服を美しく、格好よく、そして自分らしく装うこと」と言えるのではないでしょうか。インターネット検索で、"アイテム名+着こなし" と検索する方は参考になるようなコーディネート例を見つけたいのだと思います。

中高年メンズファッションコーディネート

中高年メンズファッションコーディネート

中高年のシニア向けメンズファッション通販商品コーディネート。流行を追うよりも廃れない定番ファッションでコーディネートするをテーマにファッションスタイルを提案しています。中年もカッコよく着こなしできる組み合わせで没個性から脱却しましょう!

ポケットチーフ色と柄の合わせ方コーディネート

ポケットチーフ色と柄の合わせ方コーディネート

ポケットチーフ はジャケット・スーツのコーディネートをドレッシーにしたいとき、少し華やかにしたい時に役立つアイテムです。しかし、ただアクセントになればいいというものではありません。バランスよくするにはジャケットやネクタイ、シャツとの相性を気遣う必要があります。

メンズファッション・ダンディ・コーディネート

メンズファッション・ダンディ・コーディネート

ダンディで粋なメンズファッションコーディネート。洗練されたデザインを見つけたらブランドに拘らずにワードローブに加えるべきだと考えます。人のスタイルというものはそんなスタイルの集積であるワードローブから組み合わされたものです。「いつまでも愛用したくなる」「できるだけスタンダードなデザイン」そんな視点からおすすめ商品をピックアップするメンズコーディネート。1960年生まれの管理人はVANやJUNなどの全盛時代を経験し、1950~1970年代の海外シネマに強い影響を受けた感性傾向があります・・

サプリメントに対する疑念

サプリメントに対する疑念

サプリメントの有効成分を抽出して服用すればカラダにいいはずだという考え方は、正しい気はします。薬と同じでよい栄養成分なのだから効果を期待できるはずだという考えは理解できます。しかし有効成分を凝縮した錠剤には効果のあるものとそうでないものがあるように思えて仕方がないのです・・

ビジネス英会話を集中して学ぶために

ビジネス英会話を集中して学ぶために

「人間は容量に限界のある情報装置である。」人間の認知システムは感知するすべての情報を完全に処理するための容量をもっていない。ある部分にフォーカス=集中するとそのほかの事に対して疎かになると言えます。英会話スクールで楽しく学ぶというような授業時間では、頭は記憶する態勢(モード)にはなっていないのだと思います。ビジネス英会話の勉強も脳がインプットの学習をするのに適した「集中モード」の時、理解と習得は最も効率がよくなると思います。

パナマハット(中折れ帽)通販コーディネート

パナマハット(中折れ帽)通販コーディネート

パナマ草の葉を細く裂いた紐を編んで作られる夏用の中折れ帽子がパナマハット。エレガントなフォルムは男性だけのものではありません。女性がマニッシュに仕上がる抜群のアイテム!ペアでも楽しめますね!カジュアルにもビジネスにもシックで粋なな装いにパナマハットのメンズファッションコーディネート。

筋トレ・メニュー(ダンベルと自重)自宅で簡単30分全身トレーニング

筋トレ・メニュー(ダンベルと自重)自宅で簡単30分全身トレーニング

この筋トレメニューはダンベルと自重2種類の負荷を利用し、室内で簡単におこなえるよう構成しました。筋肉の維持なら「週に1回」。筋肉増大なら「週2回」というペースがおすすめです。約30分で全身を効率的にちょいマッチョに変身させます。筋トレメニューを習慣にして強い肉体で過ごしましょう。

ネイビースーツの着こなし

ネイビースーツの着こなし

ネイビー(濃紺)スーツは公的な場にもふさわしいフォーマルなスーツでもあります。このネイビーという色は不思議な色で、似合わない人はまずいません。男らしさと凛々しさをあわせもつ色は、サッカーなどのスポーツチームのオフィシャルスーツにも採用されています。シャツ、ネクタイのベストなコーディネートパターンをご紹介。

コーディネートする国産腕時計ノット

コーディネートする国産腕時計ノット

コーディネートする腕時計、Knotの特徴は時計本体とベルトが別売されているということ。スーツスタイルなら、靴の色やネクタイの雰囲気とコーディネート。カジュアルスタイルならベルトは大胆な差し色にするというふうに、着る服に合わせてコーディネートを楽しむ腕時計です。

脱げないベリーショートソックス

脱げないベリーショートソックス

ベリーショートソックスはスニーカーを履くときなどに、靴下を履いているのがわからないようにとつくられたものです。せっかく履くのならちゃんと見えない短さでないと意味がありません。イタリアは日本ほど湿度は高くない乾燥した気候なので、靴下なし(=senza calze)でも気にならないようです。