PR

メンズ夏シャツコーデ-小柄ボタニカル

新旧のボタニカル柄の夏シャツ(私物)

猛暑日が続くとちょっとジャケットを羽織ろうかとは考えません。サマーカーディガン、ジレでさえ抵抗感があります。

なのでシャツ一枚で通すという一択となります。
薄手カジュアルシャツなら胸元までボタンを開けられるのでTシャツを凌ぐ涼感があり、お相手をドキッとさせるインパクトも演出できます。

ここではカジュアルなメンズシャツを一枚選ぶとしたら?というテーマでセレクト。

夏シャツの生地は天然素材がおすすめ

夏に着るシャツですから汗をかいても不快にならない天然素材がやっぱりいい。
麻(リネン)は風通しがよく軽いストレスフリーな生地です。
綿(コットン)は肌触り抜群で薄手なら汗をかいて濡れてしまっても涼んでいるうちに乾いてきます。
無垢な天然素材は土に還るものなのでエコでもあるのです。

夏向きのメンズシャツを一枚選ぶとしたら小柄ボタニカル

ハーフパンツでも、デニムでも、ホワイトチノでも・・
派手過ぎず、おとなしすぎず、程よい複雑度の小柄ボタニカル夏シャツとなら悩まずにコーディネートを愉しむことができます。
おしゃれな普段着としておすすめ!

ネイビーのモノトーンが涼しげな印象。ハーフパンツとのコーディネート


テーパード、タイトなデニムと。さっぱりしていてスポーティ。


ダークカラーでまとめたい場合はこんなボタニカルシャツが心地いい。


ベリーショートソックス

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました