いい意味で見た目を気にしよう

鏡(ドレッサー)

ビジネスマンのスタイル

ビジネスマンなら毎朝その日のコーディネートをどうするか考える。
在宅でリモートワークする場合でも同じ。
どのスーツにするか、そして最も重要なのがシャツとネクタイの組み合わせ。

会いに行く人のことを考えて身づくろいしなければならないケースも多い。
失礼が無いように上質のホワイトシャツと鮮やかさを抑えた色柄のネクタイ。
「好感度が上がりますように」と願いながら。

「きょうは勝負どころだ!」というケースなら鮮やかなストライプのインパクトあるネクタイ。白襟にサックスのクレリックシャツなんかと合わせて。

落ち着いたレストランへ二人で食事に出かけるなら少しくすんだ色のドレスシャツに雰囲気のあるダークトーンのネクタイ。

レストランのテーブルに着けば上半身しか見えない。
ネクタイが占める面積は少ないながら、色や柄でバラエティ豊かに楽しめる。
ネクタイには哲学があると言ったのはアメリカのファッションデザイナー ラルフ・ローレン。
ネクタイは会う人に与える印象を左右することも大いにありうる。自分が与えるイメージを操作することができるアイテム。
ネクタイの選び方とコーディネート

靴の踵が減っていませんか?

慌ただしく日々過ごしていると靴の手入れができない。意外と気にしていないのが靴の裏や踵部分。

歩き方の癖によって靴の踵は偏った減り方になる。減ったまま履き続けることであなたのイメージは大いに損なわれることにる。
靴はケアしてあげること。いい靴は手入れを怠らなければ一生モノです。
ブランド靴(日本で手に入りにくいカジュアル&ドレスシューズ)A to Z

ヌケを作ったほうが仕事がうまくいく

「飾らないのが自分らしさ」というのもひとつのこだわり。
ビジネスリーダーの実体験から導き出された好感度の効果は『親しみ』がキーワードか?

<あるビジネスリーダーのインタビュー>
「隙なくキメると威圧してしまう。
『ヌケ』をつくったほうが仕事がうまくいく。」

仕事(プロジェクト)を進めるうえで威圧感は邪魔なものでしかないでしょう。
威圧的な態度はマイナスでしかない。誰も率直な意見を言わなくなるし、できるだけ離れていようと思わせてしまう。

カラダの見た目も気にしよう

自己管理としての運動も大切。運動不足が原因でメタボ体型になってしまったなら、生活習慣を変えてみよう。
まずカラダを動かすということから始めよう。
エレベーターではなく階段を利用するだけでも立派なトレーニング。下半身の運動と心肺機能を高めることができます。
まとまった時間があるならジョギングや水泳がおすすめ。
ジョギングは息が上がり過ぎないペースで。
プールで泳ぐと自分では気づかないのですが、驚くほど汗をかいています。どちらも水分補給を忘れずに。

ジムに通ってトレーニングマシンを使うのも効果的です。滑らかな動きで的確に、無駄なくカラダの各部位を鍛えることができます。
室内でできる筋トレメニュー(ダンベルと自重)自宅で簡単30分全身トレーニングは思い立ったらすぐに取り掛かることができるので時間のない方におすすめ。

運動がどうしても苦手ならヨガはどうですか?精神的に落ち着くことが習慣になります。

疎かにしてはいけない食習慣

『医食同源』という言葉は食習慣の本質を言い当てています。もっと食事の内容を気にしましょう。
間食、お酒の飲み過ぎ、ソフトドリンクなどはメタボになる一因でもあります。
料理の研究をしなくてもいい。いろいろな食材を摂取することを心がけてみましょう。旬のものを食べることは理に適っているということです。
免疫力も上がるはず。

「モテる」を考察~あなたは必ず誰かのタイプの人~

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました