テーラードジャケット

ジャケット

テーラードジャケット
職人によってしっかりと仕立てられたテーラードジャケットはその一着だけでシルエットが定まり、コーディネートが引き締まります。

ドレスコードがあってジャケット着用でないと入れないレストランなどではブラックやネイビーで無地のテーラードジャケットが重宝します。いいものを一着持っているだけで引け目を感じずに堂々と過ごすことができます。

テーラードジャケットは個性を主張し過ぎると長く着ることができない

ラペルの幅

仕立ての良いテーラードジャケットの中には少々個性を持たせたデザインを目にする機会も増えました。
幅広のラペル(衿)もそのひとつで、結構極端に幅をとるスタイルが見られます。ダブルブレストでなだらかな曲線を描き、シングルなら直線で左右の胸元それぞれラペルが四分の三以上を採る仕立て。

それらはクラシックな印象を強く与えるものです。

ゴージの高さ

ラペル幅とともにテーラードジャケットのスタイルに影響を及ぼすのがゴージの高さ。トラッドやクラシックスタイルは総じてやや高めです。

ゴージが低いとかなりカジュアルなイメージになります。
1980年に公開されたアメリカ映画『アメリカンジゴロ』ジョルジオ・アルマーニが衣装を担当し、低いゴージのゆったりしたジャケットスタイルで話題を呼びました。

再び低いゴージのジャケットスタイルが流行るとは思いませんが、このスタイルを新鮮な目で見る若者がいることは否定できません。

端正なクラシックスタイルのテーラードジャケットがおすすめ

テーラードジャケットはどちらかと言えばおとなしいクラシックで端正なスタイルを選ぶことがタイムレスに楽しめるコツ。

DOLCE & GABBANAアイボリーのテーラードジャケット
iconicon
DOLCE & GABBANAダークブルーのテーラードジャケット
iconicon
DOLCE & GABBANAブラックのテーラードジャケット
iconicon

BURBERRYブラックのテーラードジャケット
iconicon

GIORGIO ARMANIドープグレーのダブル テーラードジャケット
iconicon

BRUNELLO CUCINELLIベージュのシルク テーラードジャケット
iconicon

BRUNELLO CUCINELLIブラウンのシルク テーラードジャケット
iconicon

BRUNELLO CUCINELLI ブルネロ クチネリicon

ジャケットのゴージラインが高すぎるゾッ!
これが流行というやつか・・あまりにあちこちで目にするので、もう見飽きてしまった。近頃のメンズジャケットのゴージラインは高すぎるんじゃないか?ゴージラインというのはジャケットのラペル(襟)の上襟と下襟を縫い合わせた部分のこと。ゴージラインの位置はブランド、デザイナーによってアレンジされています。クラシックなスタイルではある程度決まった高さに維持されています。
スーツ・ジャケットの着丈が短いぞッ!
スーツ・ジャケットの着丈はヒップがぎりぎり隠れるLENGTHレングスが正しい。ところが、ニットジャケット人気にともなってスーツのジャケット着丈まで短く仕上げる傾向となった。若者のスーツが全般的にこの傾向だ。提供する販売店の責任か。中年、中高年までもがこのスタイルに甘んじている場合は自己責任だ。とても威厳ある仕事着とは見えない。

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました