紺ブレザー(ネイビージャケット)コーディネート

「紺ブレ」と呼ばれるトラディショナルファッション定番の濃紺ブレザーは、ネイビー(濃紺色)ジャケットのこと。
誰もが似合う不思議なジャケットです。
スポーツチームが公式の場で紺ブレザーを揃って着用するのもフォーマルなジャケットであるからです。
凛々しく男性的であると同時に上品さも発信してくれるアイテムです。

紺ブレザー-ネイビージャケットの着こなし
パンツ(スラックス)と靴・紺ブレザー(ネイビージャケット)コーディネート
ネクタイをしめるビジネス仕様ならウールのグレー、ライトグレーパンツにタッセルローファーが定番コーディネート。
グレンチェックなどの柄がはいったパンツもよい相性。

カジュアルではジーンズとのコーディネートがお手軽。
デニムパンツは色褪せしているほうが明暗のコントラストがあってベター。
ただしあまり傷んでいないほうがいいでしょう。
靴はローファー、レザースニーカー、チャッカブーツなど

紺ブレザーとコットンチノパンツならストーングレー、白、ベージュ
あと赤、オレンジなどヴィヴィッドカラーもおすすめ

【カーゴパンツは紺ブレザーには不向き】
腿の両側に配置されたアウトポケットがどうしても紺ブレザーとは調和しません。
元々カーゴパンツは貨物船乗組員用の武骨な作業ズボンです。
カチッとしたジャケットにはそぐわないのは当然でしょう。
カーゴパンツはミリタリーブルゾンやニット、ダウンジャケットのほうが相性がいいのです。

また春夏のリネン素材のネイビージャケットにウールパンツは調和しません。
同じリネンかコットン素材のパンツをあわせます。

紺ブレザー(ネイビージャケット)コーディネート
Vゾーンは白またはサックスブルーシャツにレジメンタルタイが定番。
【1】ビジネス仕様ならサックスブルー、白などのワイドカラーシャツにレジメンタルや無地のネクタイ
というコーディネートが圧倒的多数