イジメを断ち切る対処方法

いじめ、うつ的状況PHOTO by Anemone123

イジメ」は至る所に見られる現象です。学校、職場などで特に多く起きてしまうようです。

イジメは、悪意をもって人を攻撃したり強要したりすることです。陰湿なものやあからさまなもの、その内容はさまざまです。悲惨な事件につながるケースもあるので小さなイジメでも看過できません。
ここでは世の中に蔓延(はびこ)るイジメについて考えてみたいと思います。

イジメる人とイジメられる人

なぜイジメるのか?

イジメをする人間はイジメることでストレスを解消しているように思えます。いじめる対象を見つけて執拗に攻撃してダメージを与えようとします。執拗なイジメに熱中する愚かな状態です。
相手が傷付いて意気消沈したりするなどのイジメの成果があれば満足して、さらにイジメる方法を考える。そんな習性があるのではないでしょうか。

相手がまったく意に介さないような態度をとれば不思議に思うでしょう。
また第三者からピシャリとたしなめられたなら攻撃は弱まるのかもしれません。

なぜイジメられるのか?

だいたいイジメられる人はイジメる人よりも弱いものです。

イジメという攻撃を受けた時に反撃しない。反撃すると相手を怒らせると考えたり、間違ったやさしさから反撃しない場合もあるでしょう。
また、気の弱さから受け流してしまう場合もあるでしょう。

しかしイジメを受けることを不当なことだと思うなら、気分を害したなら、その場ではっきりと抗議するべきです。

イジメられやすいタイプがあるのでしょうか?

いかなる状況であってもまわりに慈しみ深い人たちだけがいれば問題はないのでしょうが、性根の歪んだ愚か者はいたるところにいるものです。

イジメを受けても反撃も抗議もしないで受け流すことに慣れてしまうと、どこにいてもイジメを受ける体勢を取ってしまっているのかもしれません。
イジメられるのは嫌なのにイジメを待っているような心。「自分はどうしてもイジメられる」という信念のようなものができてしまっているのかもしれません。

イジメを断ち切る方法

イジメに対しては毅然とした態度でその場を管理する人に訴え出ましょう。受け流すことはありません。なかったことにしてあげる必要はないのです。

攻撃する人に対してやさしさは必要ありません。その場で反撃できなければ管理、監督する立場の人の前で抗議するのもいいでしょう。

あまりに酷い状況になりそうなら、迷わず警察官に声をかけましょう。わたしたちが安全な生活を送れるよう日々努めるのが警察官の役目ですから遠慮はいりません。

抜き差しならない状況に陥ってしまったなら居所を変えてしまいましょう。まわりの人と相談して転校や転職をして新しい生活を始めましょう。

居所を変えることができ、心機一転、気持ちを切り替えた生活をおくる。そのためにちょっと考えてみてほしいことがあります。

心を管理する

あなたの心の中、無意識の中での自分のイメージはどんなものでしょうか?
イジメという攻撃で傷付けられてきたのですから心のケアが大切です。

  • 過去の状況をなるべく思い出さない
    思い出してしまっても「今はもう関係ない」というような切り替えをすることです。
  • 自分の中にもう原因はありません
    自己批判をしないことです。あなたは愛される存在です。生まれて間もない頃の写真があるならしっかり心に留めましょう。あなたの存在そのものが家族の人の歓びだったのです、

イジメ自体、不当で卑劣なものです。そんな人間は許さないという考えが大切です。イジメを見て見ぬふりをしてもいけません。

「イジメは卑劣」「イジメる人間は許さない」「イジメられている人がいたら自分が助けてあげる」・・そんな言葉を繰り返しつぶやいてみるのもいいと思います。自分の気持ちを言葉で表明するんです。歩きながらで構いません。自分にしっくりくる言葉で自分を励ましてください。日に100回でも毎日ぶつぶつ小声でつぶやいたり、心の中で唱えていると徐々に気持ちが晴れてきます。それが成果です。

あなたを変えることができるのは周囲の誰でもなく、あなた自身です。いつも繰り返し自分に言い聞かせる言葉があなたの信念を徐々に変えてくれます。

我々は他人の意見に左右されがちですが、自分の考えは他人の考えよりも強力なのです。自分のことをどう思うかにより、運命は左右されるのです。(勝ち組になるためのセルフ・コーチング入門 P126)

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました