「個性」コンプレックス

黄昏の中の人物(ウサギの着ぐるみ)

「個性」コンプレックス

ひとそれぞれなんらかのコンプレックスをかかえています。精神的なもの、外見に関するもの、その他さまざまです。
精神的なコンプレックスは外見からではなかなか判断しにくいもので、打ち解けたコミュニケーションを経てはじめて気づいたり理解したりできるのでしょう。

外見に関するコンプレックスの中にもわかりにくいものがあって、本人は深く気にしているにもかかわらず、まわりはそれほど気にしていないという場合が結構多いのではないでしょうか。
祖先からの遺伝子を受け継いだだいじなからだ。実のところ「外見」を恥ずかしいと思う必要はないのです。恥ずかしいと感じなければいけないのは「行為」に対してです。
他人への失礼な言動やおこない、自尊心に欠けたふるまい、自暴自棄。恥はあとになって後悔するようなことに感じるものです。反省し繰り返さなければいいことです。

「個性」コンプレックス別メンズファッション・コーディネート

コンプレックスだと感じていたところを個性のひとつととらえて自己アピールの手段にしてしまうほうがいい場合もあるのではないでしょうか。

顎がしゃくれているひとはとびきりサングラスが似合います。スキンヘッドと髭面はとてもよくマッチします。
身長が低いひとは胸から上にアクセントをもってくるコーディネートでうまくカバーできます。
太っているひとの場合、縦のラインを強調するコーディネートがすっきり見せるコツです。
痩せているひとはわざと大きいサイズでコーディネートするスタイルがおすすめ。



モテる理由
ルックスのよい男性=イケメンがモテるのは当たり前のことです。(性格にもよりますが)しかしハンサムとは言えない人気者も結構います。大多数の女性から嫌われているワースト上位タレントの一人が好きだ!なんて言う女子。いるんですね。イケメンでなくてもモテる理由を解き明かしてみましょう!

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました