ヒップアップするには大殿筋とハムストリングスを鍛えろ!

ヒップアップトレーニングは男女共通!

ヒップは男女共通のセックスアピール

ヒップ改造本
女性の「魅力的なヒップ」は「美しい顔」に劣らず多くの男性が魅力を感じていることは疑いのないことでしょう。

きれいなお尻といっても若さの象徴のようなプリンと張ってまん丸い形もあれば、熟年女性に特有の、少し末広がりな豊かな形もあります。
(個人的には後者に、こじんまりしているよりも大きいヒップに魅力を感じます。)

大きなヒップの女性は健康で頭も良いという研究結果もあるくらい値打ちのあるものなので、大きくて悩んでいる女性は考えを改めましょう。

海外の女性歌手や芸能人はヒップの大きさを競っていることは周知の事実です。負荷を加えた結構ハードなトレーニングをおこなっているくらいですから、このブームは世界中に広がることでしょう。

ヒップのかたちは大殿筋の状態、つまり発達しているかどうかによって決まります。
これは男性も女性も同じです。
陸上短距離選手の鍛え抜かれた下半身を見ればよくわかるでしょう。ヒップアップした豊かな下半身は美しいものですね。

アスリートではないわたしたちも大殿筋を鍛えると、
男性は引き締まってアップした縦型のヒップに、
女性はなだらかにアップした女性らしいヒップ(ホルモンの影響があるので)の曲線を維持し、くずれを防いでくれます。

何もしないのに豊かなヒップなのはお国柄?

豊かなヒップはお国柄?と考えたりもします。スポーツの経験がなくてもカッコいいヒップの人はいます。
海外を旅行したりすると全ての人ではないのですが、多く目にすることがあります。

以前ケニア出身の20代女性に見事なヒップのためのエクササイズを尋ねたことがあります。
彼女はたまにワンポジションジョギング(その場足上げ)をするくらい・・と特別なトレーニングをしているわけではない様子。

特別なエクササイズをしなくてもいい形のヒップの持ち主は存在します。
バストと同様、ヒップの形は遺伝的なホルモン分泌による影響を受けるのでしょう。
遺伝で叶えられない場合はそれなりの努力が必要なのです。

ヒップアップ大殿筋トレーニング方法1

ヒンズースクワットはヒップアップの基本的なトレーニング方法です
まず、ウォーキングや階段上りなどでウォーミングアップします。スクワット
(散歩後や外出の後おこなうと一石二鳥)
脚をしっかり開いて背筋を伸ばしたまま、ヒップを膝の高さくらいまで落として上げる繰り返し(15回2〜3セット)

背中を滑らかな壁にもたれさせながらおこなうと、自重負荷が大殿筋に集中するので効果的
ヒップのボリュームを着実にアップさせたいならダンベルを持ってスクワットをおこないます。
特に太腿の後ろ側、ハムストリングスにも負荷が加わり、大殿筋と共にバランスよく鍛えることができます。
壁にもたれずに背筋を伸ばして、ヒップを後ろに突き出しながらゆっくり深くスクワット

ヒップアップ大殿筋トレーニング方法2

もうひとつのヒップアップ・トレーニング方法はスピードスケートの選手などがおこなうトレーニング
これはダンベルを使わなくても充分大殿筋に自重負荷のかかるヒップアップ・トレーニングメニューです

サイドジャンピング ウォーミング・アップから、スケートをすべるような姿勢で、上体をかがめて低くします
ななめ前に片脚だけ使ってジャンプ
サイドジャンピング もう一方の脚で着地これを交互に繰り返します
真横でも構いません(1~1.5メートルほどの間隔)
一歩ずつゆっくり膝を曲げて沈めます。
ある程度の広い空間が必要ですが、このトレーニング方法も確実に大腿と大殿筋を含むヒップ全体の筋肉が鍛えられ、ヒップアップしていきます。

筋肉痛は必至!トレーニング後のケア

ヒップのストレッチ

筋トレをおこなった後は筋肉痛を防ぐためストレッチを忘れずに行いましょう。
ダンベルなどの負荷を利用すると筋肉痛は必ずおこります。
痛みをできるだけ抑えるためにも入浴は効果的です。関節や付け根を軽くもみながら、ゆっくり浸かりましょう。

自宅筋トレメニュー30分

【PR】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする