優美な肉体の映画スター【ジェイソン・ステイサム】

優美な肉体の映画スター【ジェイソン・ステイサム】

現代のアクション映画に生きる俳優としての乗りに乗っているのがジェイソン・ステイサム。
Jason Statham 1967年7月26日生まれ


 

イギリスの水泳チームの一員で飛込競技の元選手だという。リュック・ベッソン監督のトランスポーターシリーズでアクション俳優としての地位を確立した。

ウィキペディアを覗くと『2008年公開の『デス・レース』撮影前には海軍特殊部隊と共に週6日の肉体トレーニングを10週間に渡って行った』とある。どんだけトレーニング好きやねん!
このエピソードにはできる限り実践的に、トータルに身体を鍛え尽くしたいという欲望が垣間見える。

坊主頭だからこそ際立つ太い首から肩まで豊かに続くラインはなだらかな丘陵のよう。

緻密なブロックとして並ぶ腹部とシャープに盛り上がる胸部の筋肉のみならず、驚くべきは彼の背中中央。うねるような僧帽筋だ。いったいどうやってパンプアップするんだ!と問いかけたくなる。

ジェイソン・ステイサムの筋トレ

Jason Statham training/workout
Jason Statham Workout Motivation 2021 (BEAST!!)

プッシュアップの驚異的バリエーション!

Jason Statham- Training Motivation

彼のトレーニングはシンプルなものが基本のよう。
プッシュアップ(腕立て伏せ)は真っすぐ平行に床に手を置き脇を絞めて肘が90度になるまでスピーディに降ろしては上げている。

このプッシュアップをハイペースでおこなうとジャンピングスクワットのように、落下の際、自重以上の負荷が加わる。
上体が沈んで上がる時、手は床から浮いてしまうほど。当然ゆっくりしたペースのそれよりも効きます。20回を2セットほどで充分では?

彼の僧帽筋の秘密は懸垂の方法に。(出演映画のシーン)彼の場合頭を鉄棒の前に入れるやり方。これで肩の位置を最大に引き上げる。ゆっくりと上げ切ったところで数秒留めている。
また裏拳で振り向きざまおこなうパンチングトレーニングも背面の筋力に効果的だろう。
トレーニング方法を知り尽くしているに違いない彼のルーティーンとなっているのだろう。

テクノジムのマルチ・筋トレマシンによる自宅(職場)トレーニングのメリット
ダンベルと自重による負荷のトレーニングには限界があります。テクノジムのマルチ・筋トレマシンが提供してくれるスムーズでヘビーな抵抗はより効果的に筋トレをレベルアップさせてくれます。自宅や事務所、職場にホームジム・マシンを備えることができれば自由でより高いレベルのトレーニングが実現します。

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました