白(ホワイト)パンツは単なるカラーパンツにあらず

脚にフィットした白パンツの原型

白(ホワイト)のメンズパンツを単にカラーパンツのひとつと考えるのは禁物だ。
春先に目にも鮮やかなサーモンピンクやライトブルー、秋冬に雰囲気を楽しむ渋い発色のバーガンディやオリーブグリーンのコットンパンツ。白パンツはそれらのカラーパンツとは一線を画すアイテムだ。

白(ホワイト)パンツはメンズパンツは単なるカラーパンツにあらず

メンズパンツの発祥はガリアか?

2世紀頃、ヨーロッパ北部、ガリア(フランス・ベルギー・スイスおよびオランダとドイツの一部)の兵士が履いていた長ズボン(bracae、braccaeまたはbraies)がメンズパンツの原型であるとされている。
カエサル(シーザー)が残した『ガリア戦記』の時代だ。
戦闘用の服装なのだから長ズボンのほうが理に適っていると思われるが、ローマ帝国の兵士たちの脚は当時むき出しだった。ガリア征服の後、ローマ兵士も丈がひざあたりまである半ズボンを履くようになる。

一方で新たな発見が公表された。2014年6月4日、中国、新疆ウイグル自治区のタリム盆地にある古墓群で2本のパンツが発見された。乗馬用に着用されたもので、今から3300年前の世界最古のものである可能性が出てきたと伝えられた。(揚子晩報)Record Chinaより

紀元前11世紀か紀元後2世紀か?長ズボン発祥の事実は定かではないが、人間の発想には共時性がある。カエサルに征服されるよりもずっと前から野蛮人と呼ばれたゲルマンの民は長ズボンを着用していたのかもしれない。

白パンツの原型

白いボトムの原型は中世の王侯貴族の出で立ちから容易に発見できる。ヨーロッパ各国の王の肖像画を見ると軍服を着用したものではほとんどが白のショース姿だ。
バルーン型のゆったりしたシルエットから脚にフィットしたこの膝下丈のショースへの変遷があった。

ヘンリー8世(在位:1509年 – 1547年 ハンス・ホルバイン画『ヘンリー8世』1537年頃)

ヘンリ-8世肖像画(白のショース)

ナポレオン1世(在位:1804年 – 1815年 ジャック・ルイ・ダヴィッド画『書斎のナポレオン』1812年)

ナポレオン1世肖像画(白のショース着用)

当時(19世紀初頭)は宮廷に招かれた市民は肖像画のように長袖のチュニック、ジレ、そして白の脚にフィットしたショース(半ズボン)と長靴をコーディネートして謁見するよう決められていた。

脚にフィットしたショースは現在のホワイトジーンズやチノを連想させる。
白パンツの凛とした雰囲気は春夏だけに求められるものではない。暗色、くすんだトーンの組み合わせにハイライトとして、季節を問わずコーディネートできる白のボトム。
自分はアイロンをあてて年中履いている。

白パンツおすすめコーディネート

JOHN SMEDLEY カーディガンDONDUP半袖カットソーCRISPINスエードベルトPt01 メンズチノパンツadidasレザースニーカー

ジョンブル ストレッチチノ

ベルウィッチBERWICH ホワイト 1プリーツ チノ

白パンツ(楽天市場)

インコテックスINCOTEX チノ ワンプリーツ

リプレイReplay ストレッチ チノパンツ

ホワイト チノパンツ(Amazon)


この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました