コーディネート

コーディネート

ネックレスメンズおすすめ

おすすめネックレス(メンズ)。男性にはネックレスを着ける人、着けない人がはっきりと分かれています。肌に合わない金属アレルギーの方の場合はステンレス製をおすすめ。メンズのネックレスがその存在価値を発揮するのは上半身裸になった時。普段はわずかに覗くだけなのが全貌をあらわす時・・
シャツ

襟(えり)の質感 – 固い?柔らかい?

ジャケットやブルゾンの胸元、Vゾーンで目に付くのがシャツの襟(えり)。芯がある固い襟と柔らかい襟。ふたつのタイプのコーディネートについて。 固い襟タイプ 襟内部に型紙が備わったものはビジネス向きのワイシャツによく見られます。 型紙...
ジャケット

ジャケットの着丈が短いぞッ!

ジャケットの着丈はヒップがぎりぎり隠れるLENGTHレングスが正しい。ところが、ニットジャケット人気にともなってスーツのジャケット着丈まで短く仕上げる傾向となったのが気になる。若者のスーツが全般的にこの傾向だ。提供する販売店の責任か。中年、中高年までもがこのスタイルに甘んじている場合は自己責任だ。とても威厳ある仕事着とは映らない。
コーディネート

服の色組み合わせコ-ディネート

見た目の印象を決定するのは服の色の組み合わせとシルエットです。カラーコーディネートはイメージ戦略の最重要ファクターです。洋服の色の組み合わせによって外観の雰囲気は変化します。綺麗に響きあうのも没個性になってしまうのもコーディネート次第。これまで選んでこなかった色も取り入れてみるとファッションの幅がグンと広がりますよ。
コーディネート

テレワークに着用したいリモート・ビズ服おすすめ

リモート・ビズ で打ち合わせなどの仕事をテレワークでおこなう時に何を着ればいいのか?部屋着のままではまずいしモチベーションも上がらない。ある程度きちんとした格好でいる必要があります。自宅で洗濯も可能ならなお良し。軽くて着心地が楽なおすすめのパンツとジャケット。
コーディネート

中年スーツに求められる条件

部下や後輩に見せる後ろ姿。また取引先や株主など関係者の視線が注がれる。中年スーツは見せる鎧です。中年スーツに求められる条件とは?●上質の生地の中年スーツ●端正なスタイル●ほどよくカラダにフィットさせる●シャツにもこだわる●ネクタイも重要●コーディネートの仕上げは革靴●中年のビジネスバッグ
ジーンズ

大人のジーンズ(Gパン)【2】グレー

グレーのトラウザーズがコーディネートしやすいのと同じでグレーのジーンズ(Gパン)もいろいろと合わせやすい便利なアイテムです。購入したジーンズはすぐに裾上げはしません。洗いをかけたウオッシュドジーンズは別として、一度の洗濯でかなり縮むので注意が必要です。裾は適当にロールアップして一日履いてみる。そして洗濯後に日干しして乾ききった状態ですそ位置を決めます。 <p>丈(レングス)も渡り幅もかなり縮んでいるのでロールアップしたまま履き続けるのもいい。
コーディネート

ネイビージャケット(紺ブレザー)コーディネート

「紺ブレ」と呼ばれるトラディショナルファッション定番の濃紺ブレザーは、ネイビー(濃紺色)ジャケットのこと。誰もが似合う不思議なジャケットです。スポーツチームが公式の場で紺ブレザーを揃って着用するのもフォーマルなジャケットであるからです。凛々しく男性的であると同時に上品さも発信してくれる。
コーディネート

ボルサリーノBORSALINOスタイル中折れフェルト帽

1857年、Giuseppe Borsalino(ジュセッペ・ボルサリーノ)が、イタリア、アレッサンドリアにフェルト帽の芸術的職人だけを集めた工場を設立したことからボルサリーノの歴史が始まった。男の友情を描いた思い出深い映画『ボルサリーノ』で登場人物が粋なスーツ姿で斜めにかぶっていたのがボルサリーノ。 コーディネートを一気にエレガントに変貌させる『ボルサリーノ』はいまや中折れフェルト帽の代名詞になっています。
コーディネート

低身長の方のメンズ着こなしコーディネート

低身長をカバーする着こなし方法があります。テレビても実例が見られると思います。出演者の着こなしには多くのヒントが隠されています。 ときどきNG例も散見しますので単に真似ればいいというものではありません。 低身長の方のためのメンズファ...
タイトルとURLをコピーしました