日常の動作を筋トレに変える!(買い物帰り編)

日常の動作を筋トレに変える!

日常の動作を筋トレに変える!(器具なし)

トレーニング方法にはさまざまな種類があります。ちょっとした驚きを感じるもののひとつが『ファーマーズウォーク』Farmer’s Walk。
これはダンベルケトルベル(やかん型ダンベル)を両手に下げてただ歩くだけ、というもの。

道具や材料を両手に下げて移動する。土木・建築関係の作業では日常的に見られる光景ですね。
農夫Farmerが日頃おこなう作業、たとえば絞ったミルクを入れたバケツを運ぶ。収穫物や肥料を積んだ手押し車を押す、という動きが筋力トレーニングに適していることから取り入れられたのでしょう。(そのまんまの呼び名が面白い!)

この動作では前腕の筋肉、上腕三頭筋(力こぶとは逆の筋肉)、そして体幹と下半身の筋肉が鍛えられます。作業中にはそれらの筋肉がみるみる充実していくのが感じられるでしょう。そんな動きをそのままトレーニングに取り入れたのが『ファーマーズウォーク』Farmer’s Walkです。

このように日常なにげなくおこなっている動作をトレーニングに変えることはとても簡単なのです。
もちろん農作業だけではありません。日頃皆さんがおこなっている動きを筋トレに変える方法を挙げてみましたので試してみてください。

買い物帰りを筋トレに変える!

食材、食品その他なんでもOK!買い物で相当な重さになった場合なるべく同じ重量になるように買い物袋をふたつに分けて持ち帰りましょう。(冒頭のファーマーズウォークです)
姿勢を正しくして歩くだけで腰回り、下半身、上腕三頭筋、そして持ち手の掌を前方にしたり後方にしたりすると特に前腕筋が鍛えられます。
上り坂があればなお良し!

この買い物袋はまさにケトルベルとしての機能を果たしています。

徒歩で帰宅するまで既にカラダは筋トレ状態。

帰宅してそのまま股割りしてケトルベルスイング、ダンベルフライ、シュラッグ、アームカールといった流れで下半身から上半身の筋トレへと続け、最後に体幹の筋肉、腹斜筋、背筋、腹直筋を自重の負荷でこなせばトータルな筋トレが完了します。



筋トレ・メニュー30自宅でできるダンベルと自重による下半身・体幹・上半身トレーニング
この筋トレメニューは自重とダンベル2種類の負荷を利用。家で(自宅で)30分という短時間で下半身・体幹・上半身を鍛えることができる筋トレメニューです。週1回くらいのペースで続けましょう。カラダの機能を維持していくために筋トレは必須の習慣です。

この記事に関するコメント 管理人の承認後に公開

タイトルとURLをコピーしました